四方山話に時々音楽と高校野球

高校野球と浜省とライブが好きなオッサン

明桜高校 三浦第三監督

大館商、秋田商、大曲農、そして明桜高校で監督を歴任した

三浦第三氏が自宅で死去との訃報が入ってきました。

長年 秋田県高校野球にご尽力された監督です。

心よりご冥福をお祈りいたします。

ネット上にあった過去の記事を検索してみました。

経法大・三浦監督に育成功労賞 秋田商など率い30年←クリック

またさらに、熱球通信さんのサイトからも 、

経歴をあらためて調べてみました。

昭和53年~昭和59年 秋田商業

平成元年~平成6年   秋田商業

平成9年~平成12年   大曲農業

平成23年~平成25年  明桜高校 と確認できたのはここまで、

それ以前は、大館商業の監督として指導していたと思っております。

やはり印象深いのは、

甲子園大会での高山投手で夏春夏の3季連続出場時でしょうか。

通算6試合 3勝3敗

1979 昭和54 夏 第61回 2回戦 秋田商 ● 2 - 5 ○ 広島商

1980 昭和55 春 第52回 1回戦 秋田商 ○ 6 - 1 ● 鹿児島商工

2回戦 秋田商 ○ 9 - 3 ● 静岡

準々決勝 秋田商 ● 0 - 2 ○ 帝京

1980 昭和55年 夏 第62回 2回戦 秋田商 ○ 3 - 2 ● 田川

3回戦 秋田商 ● 0 - 3 ○ 瀬田工

予選ではこの2試合、

第55回1973年(昭和48年)決勝

大館商/ 100 000 000- 1

秋 田/  000 000 11x -2

1973年の当時の記憶は、ほぼありませんが、

後に、なにかの映像で、終盤1-0でリードしている際の、

ベンチで選手を鼓舞するシーンを記憶しています。

この時期、大館地区で、甲子園に最も近かったチームは、

大館商業でした。

第62回1980年(昭和55年) 決勝

能 代 001 000 000 00- 1

秋田商 000 000 001 01x -2

※延長11回

このゲームも緊迫した決勝戦でした。

能代高校強力打線VS全国屈指の本格派投手、

延長戦での激闘、忘れられない決勝戦のひとつです。

さて、最近も明桜高校の監督として復帰し、70歳を越えても

シートノックをする姿が印象的でした。

最後の教え子となった明桜高校 野球部の選手たちが

甲子園で躍動する姿を見たかったことでしょう。 残念です。