四方山話に時々音楽と高校野球

高校野球と浜省とライブが好きなオッサン

WBC Sフェザー級王者三浦選手がメキシコで初防衛!

本日、気になっていた秋田県出身世界チャンプ 三浦選手の

初防衛戦のニュースが入ってきました。

さきがけ ON THE WEB より

カンクン(メキシコ)共同】世界ボクシング評議会(WBC)

スーパーフェザー級タイトルマッチ12回戦は17日、

メキシコのカンクンで行われ、

王者の三浦隆司三種町出身、金足農高出、帝拳=が

同級1位で挑戦者のセルヒオ・トンプソン(メキシコ)を

3?0の判定で下し、初防衛に成功した。

戦績は30戦26勝(19KO)2敗2分け。

よかった よかったです。敵地・・・しかもメキシコで

さらに、ランキング一位と厳しい条件の中、

よくぞ勝利してくれました。判定となりますが、

ダウン2回奪ったそうで、先ずはドローでもなんでも

防衛することが第一です。

ボクシングの興行権というのは、

よくわからないのですが、今回と次回というのは帝拳側になく

前王者側がオプションで持っているとのこと。

現王者側の思惑で開催できるのは、3度目からの防衛戦という

のが、ボクシングの場合は多いそうです。

実は、興行の内容はあまり理解していませんが、

世界タイトルマッチ、早く国内での開催を期待しています。

さて、日本人ボクサーの世界タイトルの海外での奪取・防衛は

非常に過去から分がわるい中ですから、今回の防衛は価値ある

一勝と思っております。まして日本VSメキシコ選手の対戦も

多いのですが、いつも分がわるい印象があります。

結果 心配しておりましたが、よかったです。

三浦選手には、今後も防衛を重ねていただき、

統一王者目指してほしいと思っております。では またです。