四方山話に時々音楽と高校野球

高校野球と浜省とライブが好きなオッサン

村田選手が昨夜まさかの判定負け 再びミドル級のタイトルに挑める日は来るのか?


<ボクシング>村田判定負け波紋、WBA会長「再戦求める」

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170521-00000088-mai-spo

 

さてと、昨夜のWBAの世界ミドル級タイトルマッチ。軽量級と迫力が全然違う。層の厚さ、豊富なキャラクター これだけの迫力であれば、ビックマネーが動くイベントというのがよくわかります。

試合内容は、ネットで私のような素人が声高に叫ぶように、ひいき目に見ても、村田選手の勝ちだな。ただ結果は1-2で判定負け。しかもホームの日本の会場で。プロボクシングは摩訶不思議なスポーツ。

プロボクシング、スポーツ以前に先ずは興業なんだな。ビックマネーが動くミドル級のタイトルは、東洋に流出させるには行かないってこと?再選求める動きがあっても、現実的には再戦は難しいだろう。村田選手のモチベーションもあるだろうし、一気に引退なんてこともある。

 

ボクシング現王者一覧 ウィキペディア

 

こうやってミドル級のタイトルホルダーみると3団体とWBAのスーパー王座に

ゲンナジー・ゴロフキンが君臨している、今回のWBAあとはWBOしか残っていません。


ボクシングのプロモートやマッチメイクについては全く知りませんがこの状況下とミドル級の持つ市場を考えると、東洋の日本人選手にとって、今回は千載一遇のチャンスだったんだろうな。一気に引退なんてことになったら、日本のボクシング界にとっても、大きな損失だし、本人にとっても悲運ボクサーのまま終わってしまいます。

ここはミドル級に固執せず、一ランク落としたスーパーウエルター級にターゲットを移すべき。4団体があるのでこれで選択肢が広がり交渉権も多岐になります。先ずは是か非でも世界タイトルが欲しい。それが次の再戦、ミドル級獲得への最短距離と考えます。

間違っても引退に舵を切ることがないことを願ってます