四方山話に時々音楽と高校野球

高校野球と浜省とライブが好きなオッサン

新年度は新元号令和の発表と働き方改革からスタート

 

 

 

英字メディアは「令和」をこう報じた

https://www.sankei.com/life/news/190402/lif1904020045-n1.html

 

 

元号発表は

年末から新年へのカウントダウンのよう。

前回が崩御からの新元号だっただけに

生前退位を表明したからの、お祝いモード。

延々と続く西暦よりは、時代を区切る上で

日本人にはしっくりくる文化かもしれません。

 

後年映像として残るのは

平成の小渕さんの場合から然り

令和を発表した菅官房長官でしょう。

 

官房長官は湯沢高校出身。

元号発表を担うまでになったのは

サクセスストーリーだと思います。

見た目は地味だし相当な苦労人と

お見受けしました。

もし地元に残っていたら

市会議員になれたかどうかも

わからないし、県外に出て内閣官房長官

今はまだ無名の秋田県出身者には

励みになる存在だなぁなんて思います。

 

さて新年度からは働き方改革もスタート。

改革必要なのは残業時間や休日ではなく

無駄な業務が多い日本の企業の仕組みと

一人あたりにその無理が集中する

仕事量を見直しするからこその

改革かと思います。残業の時間、日数の

枠組みだけを定めても、深刻な諸問題の

解決にはならないでしょう。

 

では またです。