四方山話に時々音楽と高校野球

高校野球と浜省とライブが好きなオッサン

2015年春の選抜が開幕~光星・大阪桐蔭・常総が2回戦へ進出

第87回 選抜高校野球大会1回戦第1日目
八戸学院光星 (青 森) 002 000 070=9
_ _ _ (熊 本) 100 000 010=2
 
八戸学院光星 (青 森) 002 000 070=9
_ _ _ (熊 本) 100 000 010=2
 
常 総 学 院 (茨 城) 011 211 062=14
__ (鳥 取) 000 000 010=
今年も高校野球の春の選抜が、本日開幕しました。 注目した試合は第二試合の大阪桐蔭東海大菅生の大阪と東京の東西対決。 結果は大阪桐蔭の圧勝、秋の近畿大会はベスト8でしたが、 昨夏の優勝メンバーを残したチームは強いです。 期待していた東海大菅生の投手の低めスライダーを見極めた技術と それを指示したベンチはさすがです。 さらに見事に甲子園に照準を合わせる、指導者と選手の調整もスゴイ。 本日の結果をみると圧勝したのは、甲子園の常連の有力校ばかり。 2回戦では大阪桐蔭八戸学院光星が対戦することになります。 東北地区代表とはいうものの、今年のチームに青森県をはじめとする 東北の選手は何人いるのでしょうかね ? 相変わらず集めまくっています。 地域の学校ならば、地元や東北の選手はせめて半分はほしいです。 今さらながら東北出身者としては神宮枠は鶴岡東を選んでほしかったです。 正直、光星が勝ち進んでも、優勝したとしても高校野球が好きであるにも関わらず 東北出身者の私としては特に感慨も何もありません。 どこの代表なのかわからいチームは、どこかの代表校が早く倒してほしいです。 高校野球・甲子園大会は地域とともにあるものと考えており、それが基本にあって 勝敗・試合の感動・選手への賞賛・ブレーがあるはずです。 まあ、懸命に練習・プレーに励む選手は ただひたすら好きな野球をしているだけで 問題だと思うのは、学校・ブローカーをはじめとする回りの大人なんですよね。 では 今回はこんなところで では またです。 4年前に前ブログで綴りました関連記事です。 いまだにアクセスいただき、ありがとうございます。 皮肉なもので、光星学院が勝ち上がると、こちらの記事のアクセスがさらに増えます。 極端で過度な野球留学の状況は4年の前と変わっておりませんね。 高校野球の光星学院とバスケットの能代工業はなぜ違うか~その1 高校野球の光星学院とバスケットの能代工業はなぜ違うか~その2