四方山話に時々音楽と高校野球

高校野球・浜省推し・スピリットは1980年代

2023年師走に思う。 来年度いっぱいで今の仕事はリタイアしよう

気がつけば2023年12月も中旬。

さてと、おっさんは現在 62歳。企業の定年再雇用の指針だと65歳までは義務で、70歳までは努力義務。同世代のみんなはいったいいつまで働くのだろう?

おっさんの60歳前後のブログ記事を読み返すと、行けるとこまでと前向きな記事。今は1年契約の嘱託社員ですが、正社員と同じ業務から最近特にキツイ。ストレスの殆どは仕事関係だと考慮すると、健康への害悪は今の仕事を続けること。何はとともあれ必須なのが健康!元気があれば何でもできる  元気がなければ何もできない!

それでも今年度で退職するにはあまりに急だし、準備もしておりません。さらにクローズしていない業務も多々あります。そこでここは、来年度いっぱいで今のこの仕事からはリタイアすることに決めました!。

定年再雇用の消化試合は、この先続けてもモチベーションなど上がらず。

さてリタイア後の暮らしを具体的に考えよう

①先ずは衣食住の住から  今は借り上げ社宅扱いで一部負担。転勤族の折から持ち家も無い。かといって 貯蓄から一気に不動産を購入できる余力もナシ。この場合は市営か県営の公営住宅への申し込みがベター。

②第一の収入は年金の前倒し。その前に失業保険の給付が最大5ヶ月。申し込みから給付まで3ヶ月とみて、給付終了時の年齢は 64歳と1ヶ月。次は年金前倒し手続き。ここは慎重にしたい。金額だけなら年金の前倒し支給と言っても たいした減額にはならない。減額は月0.5%として×12ヶ月=約6%    支給額からもたいした減額でもないし、第一それほど長生きできる確証もない。仮に何らかの投資にした場合 解消できることもあります。

③ ただし年金収入だけでは生活していけない為、健康なうちは、パートかアルバイトで 月10万円前後の収入はほしい。もっともコミットメントが強いられる仕事は勘弁。単純労働や軽作業に限ります。

身近なところではコンビニスタッフさんがありますが、外から見てるとあまりにハイスペックかつ多種多様な内容。こりゃぁおっさんには無理だ!

人生は長いようで短く、短いようで長い。残りの暮らしは健康次第。リタイア後は秋田県を終の棲家といたします。まぁ好きな高校野球観戦と時々ブログの更新ができればそれでヨシ!2025年4月から、それこそこのブログタイトル通りの暮らしをすることに。来年の今頃は業務の引き継ぎを始めるあたり。では またです。