四方山話に時々音楽と高校野球

高校野球と浜省とライブが好きなオッサン

2021選手権秋田県大会 明桜×横手 秋商×秋田南 準決勝

現在 秋田市に出張の為 、ホテルの一室での書き込み。スマホのアプリからなので、たいしたことも書けませんが、 明日がいよいよ準決勝なのでブログ更新❗️

明日は表題の準決勝

【第1試合】明桜-横手
【第2試合】秋田商業-秋田南

 

これまでのチームの得失点からの比較

明桜   得点17  失点4 試合数3

横手   得点16  失点1 試合数4

秋商   得点19  失点9 試合数3

南高   得点31  失点2 試合数3

 

得点は相手もあるし、打線の波もありますので、比較するには無理があります。

失点も同様なのですが、ここで注目は横手高校の失点の少なさ。4試合で僅かに1点は、明桜の鉄壁の投手陣を凌駕します。

バッテリーやバックが、対明桜戦で打線をどれだけ封じることができるか? さらに横手打線は、準々決勝で秋高がみせたような、セーフティバントやディレードスチールのような足を絡めた攻撃ができるかどうか ?

とにかく転がせば何かが起こるし、走者がどのような形でも出ればチャンスあり。ワンチャンス・後半まで2点差以内なら、相手が大本命と言えども勝機すら見えてきます。

一方の明桜高校、投攻守に渡ってポテンシャルの高さは春の大会から実証済。接戦になった準々決勝、延長戦できっちり勝ち越しました。得点差によっては中盤から圧倒的な試合展開も予想できます。

チャレンジャーとなる横手高校にとっては、前半を凌げるかどうか、特に初回をゼロで抑えれば 一気にムードは高まるはず。1回の攻防に注目しています。

秋田南と秋田商業の第2試合。今までの得失点やランニングスコアからみると、点の取り合いになりそう。特に午後からのゲームでの猛暑の中、投手の疲労も高まります。四球・エラーからのビックイニングさえなければ、シーソーゲームの好試合が期待できます。

さて、今日秋田市に入りましたが、県外から来ると、この街の空の高さに気が付きます。日本海から直接入る雲のせいと聞きました。明日も、この夏空に向けて白球が飛ぶんでしょうねえ。2021年選手権秋田県大会もあと3試合。ではまたです。


f:id:nintamam36:20210720205038j:image


f:id:nintamam36:20210720210137j:image