四方山話に時々音楽と高校野球

高校野球と浜省とライブが好きなオッサン

夏大は岩手IAT全試合ネット配信!青森ABA全試合ライブ配信!なぜ秋田大会は準々決勝からなのか?

岩手IAT全試合ネット配信!

下は岩手県のテレ朝系列 岩手朝日テレビIATのホームページから。初戦からのインターネット配信が嬉しいです。さすがに近年高校野球からMLBへ有力選手を輩出しただけあって、力が入っています。

青森ABA全試合ライブ配信!

さらに近県の青森県のABAさんも全試合ライブ配信のアナウンス!

秋田大会は準々決勝からのネット配信

一方で日本中の夏の大会の中で、おっさんが最も注目する秋田県大会は・・・。

準々決勝からAABさんのインターネット配信とテレビ中継。例年であればこれにNHK秋田放送局のラジオとテレビが加わります。ただインターネット配信は準々決勝からが今日までのアナウンス。

例年であれば、こまちスタジアムの1回戦の初戦からの中継とネット配信がありました。今年に限っては無観客の開催が決まっているだけに、こんな年だからこそ初戦からのインターネット配信してほしかったです。

特に本大会の前半は地区大会形式につき、初戦からの好カードの組合せ。ただ例年の有志によるTwitterの実況もなく、このままだとイニング毎のランニングスコアの経過速報のみとなります。

この度の自主開催大会には、選手の家族、同級生や在校生、OB、県内外の高校野球ファンなど初戦から注目している人々は全国に沢山います。こんな時こそインターネット配信が必要なのに なぜ 8強から ?

実況も解説も不要なネットライブ配信

岩手県での実施のように、インターネット配信には実況も解説も不要です。岩手朝日テレビさんのHPでは下記の注釈付きでした。

※すべての試合をインターネットで配信します。

※配信には実況・解説は付きません。ご了承ください。

 高校野球のゲーム配信に、とりたてて実況や解説は誰も求めてないんです。一球一球の経過とゲームの動きが知りたいだけ。固定カメラ一本でもあればいい。

思えばAABさんの高校野球のライブ配信の歴史は古く、確か2003年頃からでした。この年は、おっさんが秋田から山形に異動になった年なのでよく憶えています。インターネットでのライブ配信の実績は他局より早く、先駆者的な存在でした。

このネット配信のおかげで、日本全国どこに行っても夏の秋田県大会が視聴できました。県外住の秋田の高校野球ファンにとっては貴重なツール。

仮にバックネット裏に固定カメラ1台をセットし、高校野球中継をネット配信することに、莫大な経費を要することも考えづらく、技術的にもそんなに大きな問題があるとも思えません。

一方で球場に入れないことを残念に思うファンや関係者への配慮にもなり、ネット配信することで、無茶な行動も抑制できます。

ライブ配信することへの権利関係も問題ないなら、むしろ注目のカードの初戦から配信することは、地元に根ざすメディアの義務でもあるとの考えもできます。

同様な立ち位置の他局でできてるなら、局のスタッフのやる気と上層部の判断次第。

いろいろ事情はあるのでしょうが、今年はそこをなんとか。 では またです。  

 


写真素材 pro.foto