四方山話に時々音楽と高校野球

高校野球と浜省とライブが好きなオッサン

2018春の選抜 東北3枠目は準決内容からの日大山形の絶対優位を能代松陽が覆す


 

決勝・聖光学院(福島1)-花巻東(岩手1)

TEAM 1 2 3 4 5 6 7 8 9
聖光学院(福島1) 1 0 1 2 0 0 0 1 1 6
花巻東(岩手1) 0 0 0 2 2 0 0 0 0 4

 

 

準決勝・聖光学院(福島1)-能代松陽(秋田1)

TEAM 1 2 3 4 5 6 7 8 9
聖光学院(福島1) 4 0 4 0 0 0 0 0 8 16
能代松陽(秋田1) 0 0 0 0 1 1 0 0 0 2

 

準決勝・花巻東(岩手1)-日大山形(山形3)

TEAM 1 2 3 4 5 6 7 8 9
花巻東(岩手1) 1 0 0 0 0 3 0 2 0 6
日大山形(山形3) 0 0 0 0 1 0 0 3 0

4

 

東北3枠の各紙及びネット上の予想 例年より1校増の「3」は

秋季東北大会優勝の

聖光学院と準優勝の花巻東が確定。

残るベスト4には

能代松陽と日大山形が残ったが、

準決勝の試合内容から

日大山形の出場が有力!

 

重要な選考材料の秋の東北大会の準決勝と

決勝のランニングスコアから判断すると

100%日大山形で確定。

ネット上でも大部分は日大山形

能代松陽を推する声はせいぜい10%程度。

 

予想通りだと面白くありませんので

私的な当ブログでは能代松陽が3枠目で

選抜される根拠を探っていきます。

 

私見 

秋の地区大会の結果からの実力

能代松陽と日大山形の差は

能代松陽=日大山形

能代松陽> 日大山形だと思います。

むしろ

花巻東能代松陽かもしれない。

 

優勝校の聖光学院

能代松陽との対戦だけで

日大山形との対戦はなし。

準優勝校の花巻東

日大山形との対戦で

能代松陽との対戦はなし。

日大山形

能代松陽の2校の実力を比較するには

上の3試合のみで比較するのは困難。

2-16と4-6の敗退だからといって

2校の実力差を決めるのは早急すぎます。

選考委員会が準決勝の敗退のスコアのみで

判断するのか否か?ここが重要です。

 

前回綴った記事のように

準優勝の花巻東をフィルターとして見ると

スコアから垣間見える実力は

少なくとも能代松陽=日大山形


例年であれば東北2枠なので

優勝、準優勝で確定します。

この度は記念大会で1枠増。

この増枠に対して3試合のみの結果だけで

判断されるとは考えづらいと思います。

県大会から東北大会準々決勝までを

掘り下げていけば ここで

日大山形が絶対優位というのは、覆ります。

 

②強豪&常連の

私学だらけの甲子園大会

 

私は高校野球については

公立私立 野球留学

特に壁を設けること自体は

スポーツ本来の実力主義から逸脱しますので

甲子園大会は真に勝ち上がったチームが

出場すべきと考えています。

ゆえに私は21世紀枠についても

不要ではと常々思っています。

 

ただ春の選抜は

選手権大会ではなく選抜大会。

選抜の権利は

高野連と主催の毎日にあります。

選抜大会への地区大会上位進出校をクリック!

私学の強豪常連校が殆どを占めています。

 

センバツ大会重要選考資料 / 2017(平成29年)全国秋季地区大会上位進出校。

備忘録 「熱球通信」 / 特定非営利活動法人秋田県野球フォーラム より

 

ましてや90回の選抜記念大会。

甲子園大会は興業という側面も考えると

47都道府県から

幅広いチームの選出が理想と考えます。

21世紀枠も含めて

高野連と主催者側が望む学校は 

 

1 実力チーム 

2 伝統、古豪校 

3 好投手か強打者が存在するチーム 

4 初出場校、公立校 

このあたりかと思います。

 

選抜高校野球大会 歴代出場校一覧

http://www.jhbf.or.jp/senbatsu/outing/86-90.html

https://www.sponichi.co.jp/baseball/highschool/data/spring/tohoku.html

 

東北地区の選抜出場校は

秋田県と21世紀枠を除けば

ほぼ決勝進出の強豪私学が

ここ10年は占めています。

2018年の4強も能代松陽以外は

甲子園常連の私学3校です。

 

高野連と主催者の選考委員が

公立の春の選抜出場なしの能代松陽と

私学で甲子園常連の日大山形

天秤にかけ互角とみた場合

県大会から準々決勝、準決勝までを

両校を総合的に判断したことを理由に

おそらく初出場公立校の

能代松陽を推薦すると私は考えます。

 

能代松陽のセンバツ初出場は

由利工業の21世紀枠出場が握る

 

21世枠に東北代表の由利工業が

3枠内で選出された場合は

聖光学院花巻東の優勝、準優勝 

3枠目は日大山形

福島、岩手、山形、秋田の

東北6県中4県からの選出となるため

地域的には問題なしで丸くおさまります。

ただ由利工業が選出から漏れた場合は

①と②の解釈から能代松陽が一般枠選出。

プレーする主役の選手は高校生でも

主催と運営するのは大人たち。

地域に対する配慮と忖度は当然のこと。

 

それにしても

センバツのあと一枠の選考はややっこしい。

やはり3位決定戦があればなと思います。

21世紀枠もいらない。

春の選抜は秋の東北大会が予選でいいし

全国大会は実力主義が一番スッキリ。

 

センバツの出場校の発表は

1月26日の金曜日。

能代松陽か日大山形か由利工業か

楽しみです。

 

ネットの声は厳しいから

能代松陽が出場した場合は 

最弱候補筆頭なんて

書き込まれると思いますが

高校野球の目標の甲子園 

出場するかしないかは

当事者にとっては雲泥の差。

さらには春の甲子園

夏に向けてこの経験値は大きいです。

 

能代市のチームで

初の春の甲子園選抜出場を !

期待しています。

では またです。