四方山話に時々音楽と高校野球

高校野球と浜省とライブが好きなオッサン

2018年の初夢は能代松陽と由利工業の春のセンバツW初出場で


 

さてと ようやくたどり着いて年末年始の休暇。

早いもので今日が12月30日なので

明後日は2018年新春。

選抜の選考と発表は1月27日(金)

毎日新聞大阪本社オーバルホール>

年が明ければあっという間です。

 

秋田県からは既に21世紀枠候補として

由利工業が東北地区からの推薦。

同様の地区推薦校の成績を見ると

東北8強は地区大会では最上位の成績。

 

ただ21世紀枠の場合は

成績以外の要素が重要視されます。

特に一般枠で増枠になり3校+21世紀枠1校 

さらに連続して21世紀枠を選出している東北地区

今季はどうでしょうか ?

一般枠から能代松陽の選出がない場合

かなりの確率で21世紀枠 由利工業が

選出されるんじゃないかなと考えています。

 

ただ一般枠の可能性が低いであろう能代松陽が

日大山形を押さえて出場となった場合は

現実的には秋田県からのW選出は考えづらいので

他地域に21世紀枠は持っていかれそうです。

 

次に一般枠

あと一勝でセンバツ濃厚の決勝進出前での

大敗の能代松陽。

準決勝のスコアをみると圧倒的に日大山形

決勝も接戦だったので

この準決勝の点差のみを考慮されると日大山形

この場合は、まぁ無難な選出かと思います。

 

準決勝・聖光学院(福島1)-能代松陽(秋田1)

TEAM 1 2 3 4 5 6 7 8 9
聖光学院(福島1) 4 0 4 0 0 0 0 0 8 16
能代松陽(秋田1) 0 0 0 0 1 1 0 0 0 2

 

準決勝・花巻東(岩手1)-日大山形(山形3)

TEAM 1 2 3 4 5 6 7 8 9
花巻東(岩手1) 1 0 0 0 0 3 0 2 0 6
日大山形(山形3) 0 0 0 0 1 0 0 3 0 4

 

私は能代市出身者なのでここからが本音。

能代松陽には能代市から

初の春の選抜出場を期待しているので

かなり偏った見方になるのでご了承願います。

 

現実的に3位決定戦はなかったので

実力的には日大山形能代松陽の差は不明。

優勝の聖光学院能代松陽との対戦のため

準優勝の花巻東をフィルターとして対戦済みの

日大山形と由利工業さらに角館を見てみます。

スコアーは両者2点差の接戦で敗退しています。

ゆえに由利工業=日大山形

さらにほぼ互角の由利工業に

能代松陽は4点差の5-1で勝利しています。

さらに角館にも能代松陽は6-2の勝利。

 

ここまで掘り下げると

能代松陽>日大山形という構図も成り立ちます。

むしろ対戦がなかった花巻東の対戦校

角館 由利工業と直接対戦した能代松陽。

県大会でこの2校とのスコアを見ると

能代松陽=花巻東というのが自然。

 

少なくともセンバツ出場がかかる3校には

実力的には日大山形=由利工業=能代松陽

あとは選考委員の考え方と判断に委ねられるので

様々な見解があろうかと思います。

 

過去のセンバツの選考でもあるように

選手、関係者 高校野球ファンの

全てが納得するような選出は困難です。

選手にとっては最大目標の甲子園出場。

スッキリさせる為にもむしろ秋の大会も

春の選抜の予選でもいいような気がします。

 

 

東北大会 準決勝・花巻東(岩手1)-日大山形(山形3)

TEAM 1 2 3 4 5 6 7 8 9
花巻東(岩手1) 1 0 0 0 0 3 0 2 0 6
日大山形(山形3) 0 0 0 0 1 0 0 3 0 4

 

東北大会 準々決勝・由利工(秋田3)-花巻東(岩手1)

TEAM 1 2 3 4 5 6 7 8 9
由利工(秋田3) 0 2 0 0 0 0 0 0 0 2
花巻東(岩手1) 0 0 0 0 0 0 4 0 X 4

 

2回戦・花巻東(岩手1)-角館(秋田2)

TEAM 1 2 3 4 5 6 7 8 9
花巻東(岩手1) 0 3 1 0 0 1 0 0 0 5
角館(秋田2) 0 1 0 0 0 0 1 0 0 2

 

決勝・能代松陽-角館

TEAM 1 2 3 4 5 6 7 8 9
能代松陽 1 0 1 2 1 0 0 1 0 6
角館 1 0 0 0 0 0 0 0 1 2

 

秋田県大会 準決勝・能代松陽-由利工

TEAM 1 2 3 4 5 6 7 8 9
能代松陽 2 0 0 0 1 1 0 0 1 5
由利工 0 0 0 0 1 0 0 0 0 1

 

トーナメントで一敗したら後がない

夏の選手権大会と違って 秋の県大会

地区大会の成績は最重要の資料ではあるものの

最後の1枠決めるにあたっては

それ以外のことも考慮されると考えます。

 

能代松陽の球場の内外でのマナーは評判は良好。

 

また秋の県大会では

延長15回完投の引き分け再試合もありました。

秋田県大会 2回戦・能代松陽-湯沢

TEAM 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15
能代松陽 0 0 0 0 0 4 0 0 1 0 0 0 0 0 0 5
湯沢 2 0 0 1 0 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 5

 

Twitterやネット上での

東北3枠目のセンバツ選出へ下馬評は

感じとしては日大山形90% 能代松陽で10%。

大部分は準決勝での大敗のスコアーが要因。

一方で由利工の21世紀枠選出は60%くらいかな?

 

ただ1つだけ言えるのは

秋の大会はセンバツの予選ではないということ。

もちろんそうは言っても過去の例から

決勝進出の2校は確定。

さらに記念大会の東北地区3枠目は

準決スコアー判断のみではないと考えます。

日大山形 能代松陽 由利工業の3校は

東北最後の1枠と21世紀枠1枠の期待があります。

 

個人的には 新春の初夢は

能代松陽と由利工業の春のセンバツW出場で! 

では皆さま良いお年をお迎えください。

では またです。