四方山話に時々音楽と高校野球

高校野球と浜省とライブが好きなオッサン

コリジョンルールの適用で2016年夏の大会はどう変わるのか

高校野球特別規則(2016年版)

http://www.jhbf.or.jp/rule/specialrule/specialrule.pdf

最近の特にプロ野球で話題になるコリジョンルールの適用。

 

コリジョンルールの適用でランナーがキャッチャーにブロックされることが減るので

点数が入りやすくなります。

 

高校野球、特に夏の大会の予選や甲子園では、9回の攻防、延長戦では

決勝点が入ると そこで全てが終わってしまうので、本塁上のクロスプレーは

もっとも重要な場面です。過去の大会の様々な名場面も多いシーンです。

 

今夏はこのルールから、きわどい打球でも、さらに躊躇せず本塁へ向かうんだろうな。

とにかく得点圏にランナーを進めれば、

三振しない限り なんらかの得点機が昨年より多くなるはず。

スクイズでバント決められたら、本塁上でアウトにするのは特に難しいだろうな。

また外野への犠牲フライでも、追いタッチになってしまいます。

 

ベンチや選手は、強気の本塁への走塁を徹底したほうが今夏は得策。

1点を争う終盤での攻防、勝ちたかったら、コリジョンルールと仲良くするしかないか。

 

ただ、高校野球の最後の試合が

後味のわるいゲームにならないことを願っています。では またです。

 

 

近年でもっとも感動した、能代商VS如水館の本塁上のクロスプレー

こんな場面はもう見れないのかな ?