四方山話に時々音楽と高校野球

高校野球と浜省とライブが好きなオッサン

地名の由来は名前の意味する通りなのかもしれません

 

 

 

今週は台風の大雨の影響で、北関東、東日本を中心に大変な被害でした。

鬼怒川は名前の通り、普段は穏やかですけど 一旦荒れ狂うと恐ろしいです。

地名っていうのは、昔からのその土地の表現をしているから

あながち舐めてはいけないということか。

 

特に新しい地名になっている ◌◌ヶ丘とか、穏やかで美しい地区ほど

昔の名前を調べてみると、実は全然違った名が隠れているから興味深いです。

沼、谷なんてついているのは湿地帯だし、

悪土など悪がついている旧地名もけっこう多いです。良い土地ではないということか。

 

大規模のニュータウンなどは、都市開発ですから

谷や沼や山を切り開いた宅地なので所詮無理があります。

最近の天災は容赦がありません。

備えあれば憂いなしではありますが、日常は油断しっぱなし。

自分の身に火の粉がかかってから、振り払う。これで精一杯・・ せめてもの対策は、

非常時・災害時での避難場所の指定を、家の中で打合せするくらいです。では またです。