四方山話に時々音楽と高校野球

高校野球と浜省とライブが好きなオッサン

ニュースは保身的で、真実はインターネット上にあるのかもしれません

時事通信 3月22日(日)16時5分配信 天皇、皇后両陛下は22日、 戦没者慰霊のため4月8~9日にパラオを訪問するのを前に、 日米両軍の激戦地となったペリリュー島の戦いから生還した 元日本兵2人と皇居・御所で面会された。・・・・・・

戦後の日本で生まれ教育を受けそして暮らしていると、 戦前の軍国主義の日本とアジアへの侵略国家という歴史認識となってしまいます。 教科書もメディアもGHQが主導した第二次世界大戦歴史観で成り立ったいます。 上のニュースの報道でも、メディアはペリリュー島の戦いも説明すべきと思います。

下に記した戦死者の数 住人の死者・負傷者が なぜ0だってことを テレビ・メディアではニュースと共に説明しないと、一般の人は知らないですよ。 私も戦いについては、ホント最近ですよ知ったのは、認識不足ですみません。

大東亜戦争歴史観 (そもそも太平洋戦争の名称からして当時の米国・GHQが 戦争の真実から目をそらすために付けたようなものです) についても 中国と韓国から非難されながらも、ようやく真実を見直そうとする流れもあります。 私らの祖先は汚名を着せられたまま、私らも自虐史観を持ったままで戦後70年です。

残念なのは、日米交渉もハルノートのことも知らず、日本が世界征服しようと思って 米国との戦争に臨んだと、本気で思っている大人もいること。 テレビや新聞のメディアは相変わらずですが、インターネット上での 情報は沢山あります。

ご都合主義で保守的というよりは保身的な大手メディアより インターネット上に真実の歴史があるのかもしれません。 私らは、先ずは押し付けられている歴史観は勉強しなおす必要もありますし、 教科書は明治維新から現在までの近代史は、現在の基礎になっておりますので 教科書は詳細に、さらに時間をかけて学習する必要はあろうかと思います。 中韓の都合で誤った近代史を認めてしまうと、この先もっと関係が悪化しますよ。 真実の歴史のもとでしか、お互いにとって良好な関係は築けないでしょう。

大東亜戦争という名のもとに戦った日本に対して、反日なのはこの国だけ。 東アジアのそれ以外の国で、このような国はありません。 今回はこのへんで では またです

ペリリューの戦い 日本軍 守備隊長、中川州男大佐 戦死者 10,695名 捕虜   202名 最後まで戦って生き残った者34名 米軍 戦死者 2,336名 戦傷者 8,450名 住人 死者 0名 負傷者 0名  日本軍が戦闘前に強制退避させたため死者・負傷者ともに0名とされる。

ペリリューの戦い   ウイキペデイアより 日の丸とパラオの国旗の由来     ユーチューブより いかに当時の日本人が尊敬に値する人々なのか、ネット上には沢山の情報があります。