四方山話に時々音楽と高校野球

高校野球と浜省とライブが好きなオッサン

三浦知良選手という存在☆フットサルワールドカップ開幕

本日の四国新聞より

フットサル ワールドカップの記事がありました。主役は やはり 三浦知良選手です。

東日本大震災の際の三浦知良選手の言動は、彼の持つ人として大きさ、懐の深さを感じる ものでした。サッカー選手を超えた、一人の人間としての偉大さを感じます。あらためて、三浦知良選手の言葉を噛みしめてみましょう。

 

2011年3月25日 日本経済新聞より 下記は記事から抜粋です。

生きるための明るさを 三浦知良・サッカー人として

このたびの大震災の被災者の方々に、心からお見舞いを申し上げます。被害に遭われ方々にとって、この2週間が、その1分1秒が、どんなものだったかを思うと、おかけする言葉も見つかりません。

生きているとはどういうことなのだろう、サッカーをする意味とは何なのだろう。そういったことを見つめ直さずにはいられなかった日々のなか、思わず頭をよぎったのは「今のオレ、価値がないよな」ということ。試合がなくなり、見に来る観客がいなければ、僕の存在意義もない。プロにとってお客さんがいかに大切か、改めて学んでもいる。サッカーをやっている場合じゃないよな、と思う。

震災の悲惨な現実を前にすると、サッカーが「なくてもいいもの」にみえる。医者に食料……、必要なものから優先順位を付けていけば、スポーツは一番に要らなくなりそうだ。でも、僕はサッカーが娯楽を超えた存在だと信じる。人間が成長する過程で、勉強と同じくらい大事なものが学べる、「あった方がいいもの」のはずだと。

未曽有の悲劇からまだ日は浅く、被災された方々はいまだにつらい日々を送っている。余裕などなく、水も食べるものもなく、家が流され、大切な人を失った心の痛みは2週間では癒やされはしない。そうした人々にサッカーで力を与えられるとは思えない。むしろ逆だ。身を削る思いで必死に生きる方々、命をかけて仕事にあたるみなさんから、僕らの方が勇気をもらっているのだから。

サッカー人として何ができるだろう。サッカーを通じて人々を集め、協力の輪を広げ、「何か力になりたい」という祈りを支援金の形で届け、一日も早い復興の手助けをしたい。そこに29日の日本代表との慈善試合の意義があると思う。

こんなことを言える立場ではないけれども、いま大事なのは、これから生きていくことだ。悲しみに打ちのめされるたびに、乗り越えてきたのが僕たち人間の歴史のはずだ。とても明るく生きていける状況じゃない。でも、何か明るい材料がなければ生きていけない。暗さではなく、明るさを。

29日のチャリティーマッチ、Jリーグ選抜の僕らはみなさんに負けぬよう、全力で、必死に、真剣にプレーすることを誓う。

 

 

三浦選手が大震災を前にした時の、このような真摯な言葉は今も、心に響きます。ナショナルチーム 日本代表の監督は いづれ三浦知良選手にお願いしましょう。 コーチ資格は?そんなものは、わたしの中では必要ありません。この言葉だけで、もう資格は十分でしょう。こんな日本人・選手が真の日本代表なのです。