四方山話に時々音楽と高校野球

高校野球と浜省とライブが好きなオッサン

日本代表のW杯ブラジル大会出場に思うこと

さて、ワールドカップの出場が決定したわけですが、

先日のワールドカップ5大会連続出場の共同インタビュー、

安堵した選手の中で、本田選手の辛辣な言葉だけが目立った

印象がありました。

唯一本気でワールドカップの優勝を目指している本人にとっては、

現在の日本代表選手の意識はもの足りないのでしょう。

個人的には、前回のワールドカップ ベスト16進出の立役者、

かつ今回のブラジルワールドカップ出場への原動力となったのは、

誰もが認める事実です。本田選手の存在なくして ザックジャパン

今は、ないのかもしれません。

ただこんな時期だからこそ、あえて苦言を申し上げれば、

国内外のプレスが大勢いる中で、あの態度と言葉については、

残念ながら、非常に不愉快でした。

共同会見での叱咤激励は、監督や首脳陣の言葉であって、

一選手があの状況で言うべき言動ではないと感じます。もっとも

ベンチ・舞台裏では、どんどん議論すべきと思いますが・・・。

もっと私のような意見があがるかと思いきや、PKの勇気ある

ど真ん中のシュートを絶賛する声がほとんどでして、インタビューに

関する、世間の感想などは、かき消されている印象でした。

ブロスポーツなので、結果が全てではありますが、

試合での態度・そして先の共同インタビューでの言動、

日本代表としての品位は、少なくとも、私には感じませんね。

次のワールドカップの開催地ブラジルは、多くの日系人

暮らす国であります。100年以上前から始まった日本人の

移民は、過酷な労働と差別の中、血と汗と涙と屈辱と愛憎の中、

黙々と生きてきた歴史があります。

その日系人の方々が、いかに日本代表の試合を誇りに思って、

その日を 迎えることを考えると・・・。

日本人として品位のない選手は、不要です。

日の丸に誇りを持ち、国歌 君が代を堂々と歌い、

力強いフェアープレイ、そんな日本代表であってほしいです。

イラクとの試合をみました。イラクの選手と比較して、

日本選手の国歌斉唱の姿は、威厳も美しさも感じないです。

少なくとも、茶髪で君が代もきちんと斉唱することができない選手は、

どんなにプレーヤーとしての能力が高かろうが、日本代表

としては、ふさわしくないと思っております。そんな選手は、

海外のビッククラブのみで、名声をあげてください。

ドーハの頃と比較すると、フィジカルや技術の部分は

素人目にも、大きな飛躍があり、今日の結果があると思います。

ただ個人的には、心に届く試合や選手は、過去に比べて少ないです。

才能と技術のみが先行している選手には、

カズさんのような心を持った人材が、代表には必要と思いました。

茶髪や金髪で、国歌斉唱もキチンとできない選手の、

どこが日本男児で日本代表なんでしょうかね。

本日は、私の勝手で辛口な意見でした。では今回はこのへんで