四方山話に時々音楽と高校野球

高校野球と浜省とライブが好きなオッサン

2021年の夏が終わり次の夏へ・新チーム秋の公式戦開幕

新チームの秋季地区大会が開幕

2021夏の甲子園決勝戦は、智辯対決で智辯和歌山の優勝。今年はベスト8に1つも残れなかった東北勢。優勝旗の白河越えはまだまだ時間を要するかもしれません。これで2021年の夏も閉幕。

それにしても、決勝戦の両チーム共に打者はフルスイング。打撃に対しての取り組みや考え方は、学ぶべきことは多々あるかと。

春夏共にまだ優勝が無い東北6県。特に決勝戦での勝負弱さを払拭するには、東北勢同士の決勝戦が望まれます。その為には4強独占、8強に東北全代表校6チームの進出が必要。甲子園目指して新チーム頑張ってほしいところ。

今週末から既に秋田県の新チームがスタートした、秋季地区大会。春のセンバツさらに遠くに来年の夏の甲子園へと繋がる、最初の公式戦。秋の県大会~秋の東北大会~春のセンバツ~春の県大会~春の東北大会~選手権地方大会~夏の甲子園へと、新チームにとって遥かなる道が続きます。

今年の各校の新チームは?

注目すべきは、夏に2年生投手で県大会上位進出のチーム。2年生エースで夏大の上位進出校は、準Vの秋田南  好左腕の大館鳳鳴  伝統校の横手があげられます。この先続くトーナメントにおいて、球数制限の為に必要なのが複数投手の存在。

秋田県チームの大部分が公立校でのチームを考慮すると、エースクラスを2名以上揃えるのは至難の技。

また、今夏の秋田県代表 明桜高校は、3年生主体の投手と選手が主力だったものの、新チームについては未知数。さらに甲子園出場から地区大会は免除で県大会からのスタート。それでも選手層の厚さは秋田県内一。新チームデビューは秋の県大会からとなりますが、ここ数年は県大会での軸となったチームの投手陣と打線は最も気になります。

2021年は、明桜が圧倒的な投手力で秋田県を制した感が強いのですが、2022年新チームは投手力に突出したチームは聞こえてきません。ならば新チームの戦い方は、一人のエースに、谷間と継投では打撃で勝ち上がるチームが求められます。

送りバント、機動力、スクイズとあの手この手で1点を取る戦術よりも、ゲッツー覚悟の強硬策で得点する打線が見たいもの。2022年の新チームが秋田県大会を制止、甲子園でも勝てるとすれば強力打線を擁したチームになるのでは?

過去の秋田県代表で甲子園で勝ち上がったチームの殆んどは、絶対的なエース投手の存在が大前提。唯一該当しないのは、1995年平成7年の金足農のベスト8進出のみ。それ以来のチームの出現待ってます。

さて、おっさん推しの能代市勢は、既に能代松陽が県北地区で初戦勝利、能代高校が初戦敗退で敗者復活戦ヘ。今夏決勝進出・準優勝の秋田南は、中央地区の初戦で秋商に敗退し敗者復活戦ヘ。

無観客開催の地区大会

例年であれば土日は現地観戦したいところなのですが、残念なのは無観客開催。

コロナ以前であれば、現地からのTwitter画像や試合経過の情報の発信もありましたが、それもナシ。経過結果はネット上の速報だけが唯一の頼みの綱。

【高校野球】組み合わせ-令和3年度秋季秋田県高等学校野球地区大会 : 一球速報.com | OmyuTech

ワクチン接種でもwithコロナ

それにしても、2年目にして収束・終息しないコロナ禍。一部には根絶は困難との見方もあり、定期でのワクチン接種での共存によるwithコロナ説も現実的なのかもしれません。ならばこれからの社会生活を営む上で、定期でのワクチン接種の上で以前の生活環境に戻していくことが必要となります。

今まで通りの感染の拡大防止の為、マスク装着での日常生活。加えてスポーツ観戦やライブは入場時でのワクチン接種の有無の確認。ただ、前提となるワクチン接種がなかなか進みません。まずはここから。ではまたです。

 

f:id:nintamam36:20210829140558j:plain