四方山話に時々音楽と高校野球

高校野球と浜省とライブが好きなオッサン

2019春の東北大会 能代高校はコールド負け この大敗はきっと夏の糧となる

2回戦・能代(秋田2)-東日大昌平(福島1)

 
  1 2 3 4 5 6 7 8 9
能代(秋田2) 1 0 0 0 0 0 0 0   1
東日大昌平(福島1) 0 2 0 0 0 0 0 6x   8

8回コールドゲーム

 

オッサンが期待していた能代高校。

春の東北大会は残念ながら初戦コールド負け。

 

経過は一球速報comさんのサイトで確認。

初めて閲覧しましたが、ものすごく便利です。

https://baseball.omyutech.com/CupHomePageHistory.action?gameId=20199965705

 

終盤までは接戦の1点差。能代の先発投手も2安打で抑えていたし、ヒット数も上回っていたのに点数には繋がらず・・・。終盤は集中力に欠けたのか ?大量失点のコールド負け。

春の東北大会 能代高校の大敗でオッサンも悔しいけど、一番悔しいのは選手と身近で応援している父兄の方々のはず。敗因はベンチの監督と選手が十分知っているから、外野はただ、見守るしかありません。

今日の悔しさはきっと糧になるはず。夏は歓喜になるように、オッサンはこれからも陰ながら応援しています。

春の東北大会の初日秋田中央も本日敗退、明桜高校が明日、秋田県勢の最後の砦として登場します。

ただ、能代市出身のオッサンにとっては能代高校の初戦敗退で、春の東北大会より気になるのは夏の秋田県大会の組合せ抽選。能代高校と能代松陽が、いったいどんな対戦のトーナメントになるかもっとも気になります。

能代高校は第2シードとなりますので八橋ブロックのシード校。準決勝の組み合わせはこまちブロック×のしろブロックと八橋ブロック×よこてブロックになりますので、能代松陽には願わくば、能代と早い時期に対戦しないこまちブロック(明桜) かのしろブロック(湯沢翔北)を引ければ、観戦の楽しみが増します。

松陽の予選の入りは、地の利を生かしたのしろブロックスタートがベター。

今夏はかなりチームが実力伯仲してますので、組合せの妙は重要なところ。おそらく勝敗は紙一重の差と運しかありません。

6月20日の秋田大会の抽選は、ネットでの配信もあるようですので県外住みにはありがたいです。

 地方大会 ライブ中継カレンダー

https://vk.sportsbull.jp/koshien/local/live-calendar.html

 

明日6月7日の休日取得日は、7月17日水曜日に移動しました。秋田大会の健康管理日の前日。日程は準々決勝あたり。春の東北大会より夏の秋田大会がはるかに重要です。 今年の夏も、オッサンの推しは能代高校と能代松陽ということで。では またです。