四方山話に時々音楽と高校野球

高校野球と浜省とライブが好きなオッサン

2017年夏へのシード 春の秋田県大会組合せ決まりました


 

2017年の夏の甲子園予選の序章 春の県大会の組合せが決まりました。先ずはここで8強に残れば夏の予選のシード権が与えられます。ベスト4シードの時代は、シード校の価値がありましたが、8強だと実力差は、ノーシードと大差ないのが近年の傾向。

まぁ ここ10年くらいは、第一シードのチームは、甲子園出場していない秋田県。ここで無理して勝ち上がっても、甲子園出場とは直結しません。勝負には、あまりこだわらない方がいいね。

私の場合、高校野球に関しての優先順位は、能代ファースト→秋田県ファースト→東北ファースト→日本ファースト。こんな順番になりますので、現段階では能代ファースト。

能代松陽と金足農業の対戦など面白そうなカードあります。金足農業は好投手を擁してますので、先ずは打線が通じるかどうか。その見極め。主戦投手は出さず夏に備える。ノーシード爆弾で夏の県予選臨んだ方が、過去は好結果で甲子園。

能代高校は、準決勝まで勝ち上がり明桜と対戦するところまで。4強シード獲得できれば上出来でしょう。甲子園目指すなら、普段通りの力で勝ち上がれない限り、無理してまで、東北大会へ出場する必要はないと思います。

4強予想は、明桜 能代金足農業、角館 こんなところです。ノーシード爆弾は、地区予選敗退の大曲工業、さらに能代松陽 

では またです。