四方山話に時々音楽と高校野球

高校野球と浜省とライブが好きなオッサン

能代松陽が健大高崎との強化招待試合で修正と弾みをつけて秋の東北大会へ

 

 

10月5日土曜日は、秋の東北大会、秋田県第一代表の能代松陽と健大高崎の強化招待試合を観戦しました。能代松陽はほぼ現時点のベストオーダー。健大高崎もエース登板。

 

 

結果は能代松陽 ヒット10本 得点6。健大高崎ヒット6本 得点 7。東北大会に向けて 能代松陽は課題山盛りのゲーム。強化試合の開催意義深いです。これが東北大会本番じゃなくてよかったです。

 

能代松陽 011 040 000 | 6

健大高崎 000 102 04x | 7

 

試合の結果としては 健大高崎 No.1に上位打線は好調の二桁安打。後半のバッテリーエラーが響きました。これが東北大会前で逆によかったです。監督からの突っ込みどころは満載でしょうが、これで東北大会には修正してくるでしょう。一方で先発エースは4イニングで1失点。県大会同様フライでの打ち取りが目立ちました。

 

 

 

 

今回は強化試合の勝敗以上に県外強豪校に力負けしていない内容に、能代松陽の秋の東北大会での上位進出期待できそうです。一昨年の強化招待試合でも弾みをつけて、秋の東北大会は4強進出しました。

 

 

 

さて第二試合での明桜と健大高崎との試合もありましたが、予定もあるので盛岡へ帰りました。Wヘッダーで試合していただいた、健大高崎チームには関東大会での上位進出とセンバツ出場を願ってます。