四方山話に時々音楽と高校野球

高校野球と浜省とライブが好きなオッサン

選抜まであと3勝 健大高崎との強化試合を勝ちきって秋の東北大会へ


東北大会の出場校も各県決まりつつあります。

強豪校ばかりでどこと

対戦しても苦戦必至なとこですが、

能代松陽推しのオッサンとしての

希望的なところは

仙台育英とは別ブロックの山②

初戦での花巻東は避けたい

③左右両1年生投手の継投で連投を避ける 。

組み合わせは10月4日 どうなるか?

 

というわけで昨日

選抜への最終関門 秋の東北大会の

組み合わせが決まりました。

 

東北大会組み合わせ:秋季高校野球2019

秋田魁新報電子版

 

秋田県第一代表の能代松陽の視点からだと

オッサンの希望通りの組み合わせ。

あとは全力で3勝を目指すのみ。

 

一方で第二代表の明桜高校

初戦でいきなりの優勝候補仙台育英と対戦。

決勝進出、優勝を目指すには

必ずどこかで強豪校とは対戦します。

仮に相手を格上と考えた場合でも

むしろ初戦の対戦は、相手もまだ大会の

流れに入る前なだけに、豊富な投手陣で

封じる可能性も十分あります。

 

大会一日目は秋商と明桜の2校が出場。

秋田県勢の本大会での力量が試される日。

ここで両校が勝ちあがれば面白いところです。

 

さて、本日は能代松陽と明桜は

健大高崎との強化招待試合。秋商は明日。

この試合に勝ちきることができれば、

秋の東北大会も期待できます。

 

特に能代松陽は秋の東北大会前の実戦で

左右の1年生投手の登板、さらにスクイズなど

最小失点を目指すデフェンス確認と

1点を取りにいく戦術がここで発揮できるか?

興味深いところです。