四方山話に時々音楽と高校野球

高校野球と浜省とライブが好きなオッサン

無理をするのは春の東北大会じゃなく 夏の予選と甲子園だけ

 

 

6月8日 石巻  九里学園(山形3) - 角館(秋田3) 12:00

6月8日 仙台  明桜(秋田1) - 八戸学院光星(青森3) 13:00

6月9日 石巻  能代松陽(秋田2) - 羽黒(山形2) 14:00

 

さてと上が秋田県勢の組合せ春の秋田県大会で、今夏の第一シードになった 明桜はいきなりの光星との試合。仮にここを圧勝したりすると、強さは本物。

明桜のブロックは、光星、山田と青森県の甲子園常連校のブロック。ただ全出場校の中で、もっとも優勝を狙っているのは明桜だと思います。上に行けば、盛大附、仙台育英戦も予想できますので全国に対して、秋田県の優勝校の戦いぶりは楽しみです。

能代松陽と角館は、宮城の優勝校の東北高校と対戦してほしいところ。能代松陽の投手陣が、県外有力校に対してどのようなピッチングができるか?夏の予選前の最後の公式戦。正直 無理してほしくはありません。

過去には勝負と意地にこだわり、最も大事な夏の大会前に故障してしまっては水の泡。甲子園の常連校以外には、上位進出しても、夏に結果を出せない、さらに期待がプレッシャーになった場合もあります。

甲子園の常連校ではない、能代高校も能代商業も、優勝、準優勝後の夏の予選で、過去に苦い大会となったことがあります。

夏の予選前のチェックと修正 夏までの最後の修正テーマが見つかれば良し。無理をするのはここじゃなく、全国高校野球選手権だけ。ではまたです。