四方山話に時々音楽と高校野球

高校野球と浜省とライブが好きなオッサン

2013年8月のカクテル光線~夏の甲子園開幕

本日開幕しました2013年夏の甲子園

本日の1回戦3試合の結果は下記の通りです。

有田工 0 0 0 0 0 0 2 3 0 -5

大垣日大 0 0 0 1 2 0 0 1 0- 4

日本文理 0 1 0 0 0 0 0 0 1 -2

大阪桐蔭 2 3 0 1 3 1 0 0 X -10

日川 1 0 0 1 1 1 0 0 0 -4

箕島 0 0 0 0 2 0 0 0 0 -2

初出場の有田工は、大応援団の前で見事な逆転勝ち !

大阪桐蔭は、ドラフト候補が2打席連続ホームランと評判通りの強さ。

95回記念大会ということですが、

大会前まで、個人的にはなかなか盛り上がらなかったのですが、

開幕して、試合の中継を見聞きすると、

一気にテンションあがります。

まあ、オリンピックやワールドカップ

同様の傾向にありますが・・・。

本日の私の注目校は、やはり箕島高校。希望としては、

双方が勝ち上がったうえで、

箕島VS星陵の試合をみたかったです。

星陵高校のベンチには、あの伝説の 3回戦、

延長16回裏での痛恨の転倒で、

ファーストフライをとれなかった、

一塁手の息子さんもいらっしゃるとか。

1979年のこのゲームを綴った作品といえば、、

作家の山際淳司氏の、

「八月のカクテル光線」という短篇

(『スローカーブを、もう一球』に収録)を、昔に読みました。

星陵高校と箕島高校、やはり再び甲子園での激闘を妄想

してしまいます。34年を経て再び3回戦で、延長戦で、

カクテル光線の中、

最後のウイニングボールは、ファーストファールフライで

星陵の勝利でゲームセット! 

長い歴史でのスパンでは、結果 一勝一敗がちょうど良いです。

では本日はこのへんで ではまたです。