四方山話に時々音楽と高校野球

高校野球と浜省とライブが好きなオッサン

2016夏の秋田大会の妄想予想は 能代高校VS能代松陽の決勝戦で

 

 

 

 

日刊スポーツさんのHPのヤグラです。ブログには毎年こちらのサイトからの

ヤグラを貼っています。こちらが一番 日程や山が見やすいし、何よりも

過去の甲子園出場回数ものっています。

秋田大会を予想する上で、過去の甲子園の出場の有無は大事。

なにせ初出場校は出にくい地域なので、出場実績校にはれば 

的中するわりあいは高いです。

 

ただ今回の私の場合は、能代高校と能代松陽が決勝で対戦できるように

準決勝あたりまで適当に、楽観的に考えてみました。

 

こまちブロックの能代高校は、ノーシードの秋田商業と同じ山。

秋商は近年、優勝か上位進出の常連なので、夏への照準、調整は慣れたもの。

一方の能代高校は、真逆。3回戦で能代と秋商が対戦した場合には、

実力は能代でも、夏は秋商が優位とみます。能代の決勝進出を期待していますので

本荘と大曲農業の勝者の他力に望みを託しています。

 

一方の能代松陽は準々決勝で明桜との対戦が濃厚。

春の大会では完封負けしてますので、ここも分が悪い。角館の主戦の力投に期待。

 

一番私が警戒しているのは、伝統校の秋田高校。ここが勝ち上がった場合

先に当たるのが能代高校。ここも秋の決勝で敗れているだけに分が悪い。

大曲工業か、大館鳳鳴にここを抑えてもらいたい。

 

ともかく長年にわたって秋田市の4強の壁に阻まれてきただけに

上では、特に決勝戦では対戦したくないよな。

どちらもシード校で臨む今年くらいは、こんな対決があってもいいんじゃない ?

 

贅沢な悩みですが、このカードになった場合の こまちスタジアムの客の入りが心配。

その際は、新装改修の能代球場に場所を移して、

歓喜能代市民の前での決勝戦開催で解決します。

 

この度の記事は勝手な妄想で戯言でした。 では またです。