四方山話に時々音楽と高校野球

高校野球と浜省とライブが好きなオッサン

ウインターカップ2015 能代工業 決勝進出ならず 来年は王座奪還を期待

今日は高知市まで行った帰路  夕方からスマホで下記の速報を確認しながら帰ってきました。 高校バスケ速報 ウィンターカップ2015  http://basket24.blog.fc2.com/ 男子準決勝 土浦日大 91—78 能代工 (17—19) (21—14) (24—24) (29—21) ただ結果は上記の通りで、決勝進出ならず 王座奪還は来年へ。 映像は見てないのでランニングスコアを見ると 途中までは接戦、最終クオーターの前半に突き放されたのが痛い。 能代工業の代表的な戦術としての、伝統のオールコートプレス。 ゾーンデフェンスと相違し、もの凄く体力を要する攻撃的なデフェンス 最終クォーターで失速したのは、スタミナ切れか ? ただ、長身の海外留学生を擁するのチームに対抗するには これを極めるしかないのも然り。 昭和の時代から2015年の21世紀の現在も 平面が立体を制するのは、体力にスピードを磨き上げるしかないか。 能代工業のバスケットボール部、私が能代市在住していた1980年頃は 元旦しかお休みがなかったような記憶があります。今はどうなんでしょうか? どの競技も全国制覇の道は、遠く険しいです。 来年は、新チームの全国制覇を期待しています。では またです。