四方山話に時々音楽と高校野球

高校野球と浜省とライブが好きなオッサン

五輪エンブレム使用中止で、騒ぎ過ぎでは ?

8月から9月でブログで綴ったことといえば

高校野球浜田省吾の記事ばかりでしたので、久々の時事ネタ。

ニュースの一面は、東京オリンピックのエンブレムデザインの盗作ネタ。

 

去年のスタップ細胞をはじめ、世間は不正や疑惑やパクリには特に厳しい。

身近なところだと、世間はヅラや整形には敏感で厳しいです。

法律違反や犯罪しているわけでもないのに・・・。

 

ましてやこの度は、盗作・パクリ疑惑の場合は、

メディアからネットまで総パッシング ちょっとやりすぎとも思います。

インターネットの普及から、誰でも手軽にワンクリックで情報・映像・画像が

手に入るだけに、私用でも・商用でも影響されてしまいます。

 

ただ最初にこの指摘をしたのは、おそらく同業者なんだろうな ?

インターネットの情報は一斉に拡散してしまうので、

こんな大袈裟になってしまいます。

それにしても2020年開催の東京オリンピック

国立競技場・エンブレムと開催までのお騒がせが沢山あります。

個人としては、2020年に、再び東京で開催する意義もよくわかりませんし

あの8月の猛暑の東京で、屋外競技の開催というのもいかがなものでしょうか。

オリンピックの開催が近年8月になるのは、

米国のテレビ番組の改編期のハザマに該当するそうで、あてられるそうです。

 

2015年の現在 情報が氾濫する中で、アートも文学も音楽も

他から影響がゼロってことはほぼ不可能ですから、

オリジナルの線引きも難しいです。制作者の良識と誇りという

非常に曖昧なところに任せるしかないか。

 

オリジナルにこだわることもなく、1964年の東京五輪の復刻版でも良いし

ここらのデザインやエンブレムは、多くの庶民にとっては何でも構わないわけ。

ハコやエンブレムでひと騒動するよりも、主役はアスリート・選手ですから。

 

日本のメディアをはじめとする体質は、相変わらず一旦下り坂になったり

弱みを見せた場合は、これでもかというように叩く。いじめ体質そのもの。

これじゃあ何にもできないよ ? 学校から企業から国まで全部そう。

 

盗作・パクリ疑惑より、そっちが問題では ? では またです。