四方山話に時々音楽と高校野球

高校野球と浜省とライブが好きなオッサン

大臣と管理職の女性枠について

 

 

 

 

さて今日の朝刊一面、

肝いりで登用の若手女性大臣が、早くも辞任。

つけ入る隙あらば、

様々なところから矢が飛んでくる世間であります。

実務・手腕を発揮前に、こんな形で辞任するケースって多いです。

内閣看板の女性大臣、さらに民間企業でも女性管理職の割合を

数値目標で定めたり、女性の社会進出を後押しする流れがあります。

 

別に、能力とやる気があれば全員が女性管理職でも構わないし、

内閣が全員女性でも、有権者が認めればそれでよしでしょ。

 

数値目標を設けて、無理やり女性大臣や女性管理職の枠を

つくってしまうほど まわりも本人も迷惑しちゃいますよ。

それにね、意外に怖いのは、男の嫉妬。みっともないが

根が深い。本来のポストが、

女性ってことだけで取られちゃうのね。

まあ、野党、民主党の嫉妬もスゴイけど。

 

万人が納得する人事っていうのはありませんが、

無理やりの女性枠っていうのは、弊害が多くなりそうです。