四方山話に時々音楽と高校野球

高校野球と浜省とライブが好きなオッサン

守って・守って・守り抜け~秋田商業 3回戦へ向けて

f:id:nintamam36:20191130141514j:plain


さて初戦を勝ち上がった秋田商業は、3回戦で岡山県代表の

倉敷商業と激突 !

倉敷商業について調べてみました。

春夏連続の出場で 夏は10回目 創立100年の県立の伝統校。

選手は、レギュラーからベンチ入りメンバー全員が

岡山県の中学出身と、まさしく郷土の代表校。ここのあたりの

感じは、秋田商業と似ている印象を持ちました。

 

ピッチャーは、技巧の右腕 シンカーとカットボール

7種類の変化球があるとのこと。

5試合で42回1/3の投球回数で失点14。付け入る隙が

全く無い訳ではなさそうです。

 

打線は左が2人でチーム打率は321と盗塁は5試合で12個

準々決勝からの3試合は1点差ゲーム。

 

似たような内容で勝ち上がってきている2チームです。

やはり接戦となるような試合になるのでしょうか ?

県大会の失策数は倉敷商業3 秋田商業 1と 共に

守備が固いだけに、エラーや四死球が勝負のポイントに

なりそうです。

 

ただ、ここでは、期待を込めて 3-2のスコアーで

秋田商業の勝ち上がりを 予想しました。

根拠はまるでありませんが、守備か双方ともに固いだけに

大量点はどちらも、ないような気がします。

 

過去 岡山県代表との試合は、ほとんど記憶がないだけに

記録を調べてみました。以下の3試合がありました。

直近でも26年前のジャンボ川辺投手の年以来。

古くは、能代高校も昭和38年の初出場当時に、2回戦で

対戦しています。

今までの通算が夏の大会では1勝2敗。今年勝って5分に

なるわけですから、是非とも勝って欲しいです。

 

8月18日の試合は、ロースコアーの点差が予想されます。

「守って・守って・守り抜け」 ガンバレ 秋田商業 !

 

 ※ 過去の夏の大会での 秋田県VS岡山県の対戦では・・・

 

全国高校野球選手権大会(1963年) 岡山東商能代(2回戦)

 

岡山東商 5―1 能代

   

能代   0 0 0 0 0 0 0 1 0- 1

岡山東商 0 0 0 0 2 3 0 0 x- 5

 

 

全国高校野球選手権大会(1967年) 倉敷工―本荘(1回戦)

 

倉敷工 4―0 本荘

         

倉敷工 2 1 0 0 0 1 0 0 0 -4

本荘  0 0 0 0 0 0 0 0 0 -0

 

 

全国高校野球選手権大会(1986年)秋田工―倉敷工(1回戦)

秋田工 11―1 倉敷工    

 

秋田工 2 0 1 0 0 3 1 3 1- 11

倉敷工 0 0 0 0 1 0 0 0 0- 1

 

【投手】 秋田工:川辺

倉敷工:石井→宮田 【本塁打】 秋田工:小形

倉敷工: