四方山話に時々音楽と高校野球

高校野球と浜省とライブが好きなオッサン

全ては夏のために・・・2021春の高校野球 秋田県大会が延期へ

昨日組み合わせが確定した春の高校野球秋田県大会。開催の動向が注目される中、報道によると延期の発表。

春の高校野球秋田県大会 県高野連が感染拡大で延期決める|NHK 秋田県のニュース

 

通常延期であれば、日程の期限があるものの、今現在は特にアナウンスなし。これは、今後の感染拡大の予測が難しいコロナ禍によるもの。一方で既に年間スケジュールに組み込まれている秋田県開催の春の東北大会への言及もなし。

さて、ここからはおっさんの勝手な推測です。

おそらく春の東北大会は、他県との往来のリスクを危惧しての中止の見込みが大。ここが中止になることで、一定期間、春の県大会の延期が可能になったと考えます。ただ東北6県で無観客開催を含めて延期は秋田県大会のみ。夏の為にあえて慎重に舵を切ったことを、ここでは評価すべきだろう。

その後は、秋田県内の感染状況を見ながら、本来春の東北大会の開催時期まで県大会を引っ張るか、感染状況によっては中止まで視野に入れてるはず。

気になるのは、その場合のシード校は?

昨年の場合は秋の大会の結果から選出、今年は春の地区大会の結果は既に確定。地区大会の結果から例えば、県北と県南は優勝と準優勝の2校で4つ、中央地区は4強進出校で 合計8チームがシード校。はたまたシードなしでの抽選会も、今年に限ってはありだろう。どれも夏の秋田大会が開催できるならば、大きな懸念材料ではありません。

とにかく 2年連続夏の甲子園が中止になることは、現段階ではあってはならないことと、主催者側は考えているし、その為の春の大会の延期。そう考えると今日の判断も理解できます。

おそらく東京五輪は、何が何でもやる覚悟で準備を進めているはず。有観客か人数制限か無観客開催の3パーターンで、それと同じく夏の甲子園大会も。

夏の甲子園の代表校を決める為には、地方大会は必須。どのような形でも,日程通り粛々と進むと思われます。

状況によっては夏の秋田大会の4会場そのものも見直しされるだろうし、様々な選択肢の中でもっともリスクを軽減できる対策がとられると考えます。現状の感染状況のままであれば、夏の地方大会、夏の甲子園も無観客になる公算も大きいです。

それでも選手にとっては、先ずは甲子園ありき。高校野球の選手にとって、甲子園に変わるモチベーションの対象を想像することは難しいことです。では またです。

 

f:id:nintamam36:20200202143123j:plain

f:id:nintamam36:20200202142537j:plain