四方山話に時々音楽と高校野球

高校野球と浜省とライブが好きなオッサン

2020盛岡大附合川遠征試合 対能代松陽戦


f:id:nintamam36:20200627193930j:image


f:id:nintamam36:20200627194009j:image

f:id:nintamam36:20200627194042j:image

盛岡大附合川遠征試合 対能代松陽戦を観戦

さて本日は表題の盛岡大附合川遠征試合ということで、秋田県北秋田市まで出掛けてきました。天候は盛岡市を出発した時から既に雨空、雨天中止も覚悟の上で向かいました。そもそも開催情報もTwitterのTLからでした。貴重な情報ありがとうございます。

さて、道すがらに鷹巣のコンビニに着いたところ、お昼頃に激しい雨。やむなく待機していた時に、TwitterのTLで第二試合の能代松陽と盛岡大附の試合が開始という情報があり半信半疑で球場へ。

なぜかこれが周辺が雨でも、球場は曇りか小雨。悪天候のコンデションの中でも、中断することなく観戦できたのは、遠くから来た甲斐があったものです。

到着時の序盤 盛岡大附が6点先行、能代松陽が満塁押し出しの場面から観戦です。


f:id:nintamam36:20200627195052j:image

スタンドの元気な応援が嬉しい

このゲームでコロナ自粛前は当たり前の光景だった、スタンドの控え部員の元気な応援が聞けたことがこの時期何よりも嬉しいこと。例年であれば夏の大会は一般生徒の応援とブラバンの演奏が花を添える夏の風物詩。夏の大会はこれが無観客試合となることから、むしろ今日のゲームのスタンドの方が夏の高校野球に相応しいシーンでした。


f:id:nintamam36:20200627195111j:image

試合はその後 盛岡大附が小刻みな投手継投、能代松陽の投手陣、守備陣も2回以降追加点を与えることなく 盛岡大附 6-5能代松陽のスコアでゲームセット !

f:id:nintamam36:20200627200028j:imagef:id:nintamam36:20200627200048j:imagef:id:nintamam36:20200627200443j:image

2回以降盛大附の強力打線を凌いだ能代松陽

盛岡大付属高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

能代松陽 投手陣と守備陣は、ドラフト候補のスラッガーも擁する盛岡大附の強力 打線を2回以降失点0で凌いだのは、夏の県大会に向けての収穫があったゲームだと感じました。

一方で、試合途中で負傷交代が能代松陽にあったのが心配ですが、大事に至らず夏本番を迎えてくれることを願っています。

また悪天候の中、遠征の盛岡大学附属高校野球部には、こうして観戦の機会をいただけたことに感謝しております。是非とも岩手県大会を勝ち上がって夏の東北大会での秋田県代表との対戦を楽しみにしています。

 

f:id:nintamam36:20200627200859j:imagef:id:nintamam36:20200627200810j:image

f:id:nintamam36:20200627200827j:image

無観客試合に同地域の初戦対戦と特別な2020年夏

それにしても、能代市勢推しのおっさんとしては、能代高校と能代松陽が大会初戦で対戦する今年の夏の大会はおそらく初めて。できれば、8強以降に対戦してほしかったのが本音ですが、地区大会形式で序盤を迎えるとなると、大会前半に対戦する確率は高くなります。中央地区も県南地区も同地域対戦が多くなったのが2020年の秋田県大会。

さらに今日の遠征試合もそこそこ観客もいらっしゃったように、人数制限、ソーシャルデスタンスが保てれば、夏の県大会も無観客という以外の選択肢もあったのでは ? 抜本的なコロナ対策ができるまでは、まだまだ辛抱の日々。秋の公式戦スタート時は普段通りの日々に戻ることが、高校野球ファンとしての切なる願い。では またです。