四方山話に時々音楽と高校野球

高校野球と浜省とライブが好きなオッサン

なごり雪の季節のころですね ♪

以前書いた記事をリメーク再アップ してみました。

 f:id:nintamam36:20200318214840g:plain 

この時期に毎年聴たくなる一曲

  なごり雪 ユーチューブより

♪汽車を待つ君の横で僕は~♪ から始まる歌詞は  「汽車」という表記がいい。電車じゃなく汽車! 私の地元でも 動力は電気でもディーゼルでも汽車。 電車通学ではなく汽車通 。特に好きなところは、サビの3番の歌詞 。♪君が去ったホームに残り落ちてはとける雪を見ていた~♪

1番で一緒に汽車を待ち 2番で汽車が動き出し 決別  3番サビで、一人残ったホームで過去から今の時の流れを 見つめている・・・・・ この切なさがが いいです !

勝手に解釈 なごり雪のストーリー

f:id:nintamam36:20200318230050j:plain

 この曲がイルカのシングルとしてリリースされたのが1975年 。男女のホームでの別れの情景ですが、歌詞の中にある ♪ふざけすぎた季節のあとで♪にあるように 設定は、大学卒業時でしょうか ? この後の2人のストーリーが気になります。

1975年当時22歳、 今は2020年ですから この男女も40年以上時を経て、今は何歳ですか ?  男は、大手企業のサラリーマンになりバブルと 失われた10年を経て退職。定年再雇用も既に終わっている頃。時々は過去を振り返ってたりしてるのでしょうか? 。今の暮らしが 平穏でも、時々はふと、このホームでの出来事思い出したり してるかも。 あの時引きとめていたら・・・。

一方女は、おそらく郷里に戻り、 結婚 子育てと旦那の 世話に追われる毎日で時が過ぎていきました。あ・れ・か・ら~ 40年以上 !

ホームでの男との別離については、とーくに忘れちゃっているかも。時の流れは ときに優しく、そして ときに残酷です。

1975年の22歳か~ そういえば 同じ時期の 正やんのこれも名曲「22歳の別れ」これは もしかして、ホームで別れた女のアンサーソングでも あるのでしょうか?

 風 生ギターライブ(22才の別れ)

https://www.youtube.com/watch?v=EQIMNYYFb7s

同名の映画もなかなか良かった 

 f:id:nintamam36:20200318221032j:plain

 何年前か、しばらく前になりますが 「なごり雪」をイメージした、大林宣彦監督の同名の映画をDVDでみました。結構前なので、おそらく15年くらい前でしょうか。

舞台は大分県臼杵。主役は50歳を迎えようとした設定の三浦友和。28年ぶりに故郷を訪れたことから、昔と過去とのストーリー。けっこうしっとりとした内容でした。

旅立つ親友の妻と親友と自分。切なさが歌とあっていました。これは、正やんの「なごり雪」がベースとなった作品。内容から、おっさん世代には、お薦めの映画です。機会があれば是非 ではまたです。