四方山話に時々音楽と高校野球

高校野球と浜省とライブが好きなオッサン

春までなんぼ 2019年の秋田の高校野球はどうかな

 

 

12月7日現在 / 秋田県高等学校野球連盟硬式部会 平成31年度事業計画(案)。

備忘録 「熱球通信」 / 特定非営利活動法人秋田県野球フォーラムさんより

 

2018年夏は金農の準Vと

記念すべき年となった秋田の高校野球

 

100年に一度の逸材の投手と伝統の

必殺技のスクイズが冴えわたった

ベストチームだったと思います。

秋田県高校野球にとっては

好成績に沸いた次の大会は大事。

 

今はまだオフシーズン。

高校野球で話題になるのは

春のセンバツのことくらいで

こちらは21世紀枠、一般枠含めて

秋田県勢の選出は困難な状況。

そうなると春のシーズン開幕待ち。

 

秋の大会は、秋田修英が初優勝。

勝ち上がりは以下の通りです。

 

決勝  横手 1-8 秋田修英 3位決定戦 秋田商業 4-3 秋田

 

準決勝 秋田 4-6 横手 秋田商 0-7 秋田修英

 

準々決勝 大館鳳鳴 0-3 秋田 明桜 1-2 秋田修英 横手 5-3 金足農 秋田商 8-1 能代松陽

 

上が秋の県大会での上位校。

春も中心になるとは思いますが

一冬越えると

ガラリと4強が変わるのが

最近の秋田県の傾向です。

気が早いけど春の秋田県大会は楽しみ。

 

夏の101回大会の秋田大会は

さらに混戦になるでしょう。

そうなるとオッサンが期待している

能代松陽と能代高校にも

甲子園のチャンスは十分あると思います。

 

能代松陽は昨夏は打線が覚醒。

今夏も大会にピークを

合わせてくると思います。

課題は投手力。ひと冬越えて、

主戦となる安定した投手が

出てくるかどうか。

能代高校は昨夏好投した投手の

さらなる成長に期待。

 

一方で夏に強敵になるのは

秋田修英と明桜の私学2チームと

試合巧者の秋田市内のチーム。

 

先ずはどのチームも夏のシード獲得の為

5月の春の地区大会から県大会の出場。

今はまだ1月、春まで遠いな~

 

春から時間とスケジュールあえば、土日は

スタンドで観戦したいと思ってます。

オッサンになると先々が不透明。

1本でも多くの高校野球観戦と記事を。

 

春までなんぼ ? では またです。