四方山話に時々音楽と高校野球

高校野球と浜省とライブが好きなオッサン

かつてロックシーンを牽引したのはブリティッシュロックだった

最近の話題の中で、クイーンの軌跡を描いた映画ボヘミアン・ラプソディ」が世代を超えてヒット。映画館に出かけることは殆どありませんが、機会があれば観覧したい作品。

この度のニュースとは関連ありませんが、歴史の上では世界の1/4を支配していた大英帝国の凋落も大きいです。古くは日英同盟からの関係、日英同盟なくして日露戦争の勝利はないし、さらに先の大戦からは戦勝国と敗戦国の関係。日本の近代史でも 重要な位置を占める、大国であることには違いがありません。

ただ私にとって身近なのは、ビートルズストーンズツェッペリンブリティッシュロックのイギリス。 60年代70年代からの音楽シーンを引っ張っていたのは、米国じゃなく イギリスでした。プログレも英国だし。国家として歴史や格式もありますが、 音楽としてはむしろ革新的。

さて本日の一曲はビートルズ ヘルタースケルター

以前ラジオで言ってたけど、この作品が無かったらヘビメタの ジャンルは存在しなかった ? ロックシーンにとっては重要な一曲。

 

McCartney - Helter Skelter (Live)

https://www.youtube.com/watch?v=oRjXFuRdbLk