四方山話に時々音楽と高校野球

高校野球と浜省とライブが好きなオッサン

秋田開催の秋の高校野球東北大会へ 秋田修英 横手高校 秋田商業が出場

 

 

秋の東北大会の秋田代表3校決まりました。

秋田修英  横手高校 秋田商業

いつも推する能代市勢がいないから

この度はひいき目なし。

秋田修英は春のセンバツ出場し勝ち上がって

周囲を驚かせてほしいものです。

 

初優勝の秋田修英にはいい投手がいるんだね。

地方の小さな私学が甲子園ってのも面白い。

甲子園で活躍すれば

選手も学校も劇的に変わります。

 

香川の英明が 甲子園出たら翌年の入試は

飛躍的に受験者増えたそうです。

私学が野球に注力するのは

存続の為の死活問題も絡む。

高校野球の持つ影響力はすさまじい。

秋田修英に絶好の機会が訪れましてた。

 

私の個人的な感想だけど

秋田経大附も甲子園出場前と

以後は学校のイメージが全く違います。

甲子園で活躍してた頃、当時在住の首都圏だと

秋田も横手も鳳鳴能代等の県内の進学校

誰もご存知ありません。

むしろ経附と能代工は皆さん知ってました。

それだけスポーツの影響は大です。

 

秋田修英にとっては初の県優勝で

春のセンバツの選考対象の東北大会へ

初出場。この大会は選手にとっても

学校にとっても今後の分水嶺にとなる大会。

是非とも決勝まで勝ち上がってセンバツ出場へ。

 

ところで大船渡 東北大会に出場できません。

ベンチが連投させない方針なのか?

最後は投げたようですが・・・。

球数制限、連投制限の選手保護と

選手の気持ちの兼ね合いは難しい。

ただ時代の流れは

選手の保護が優先されるでしょうね。

 

それでも大船渡が21世紀枠に推する

声もあるのですが、個人的に思うのは

21世紀枠はもうやめればいいのに。

ただでさえ選考が不透明だし。

それより東北の枠を2から増やしてほしい。

固定枠数じゃなく、地域のレベルを考慮した

毎年地区での変動制の枠数が理想。

他の競技で特別枠なんてないでしょう。

 

昨年の能代松陽の選考時を思いだすと

秋の大会は春のセンバツ

予選ではないという見解ですが

実質はよほど選考が競らない限りは

選考委員は限られた時間の中、県大会

他の試合を掘り下げることはありません。

3枠目があった昨年もベスト4だけじゃダメ

秋の県大会優勝も関係なし。

東北大会決勝進出のみが

確実にセンバツへの切符を手にします。

十分の秋の大会はセンバツの予選かと

思いますけど。

 

ではまたです。またです。

 

 

決勝・横手-秋田修英

TEAM 1 2 3 4 5 6 7 8 9
横手 0 1 0 0 0 0 0 0 0 1
秋田修英 0 2 1 0 1 3 1 0 X 8

 

第3代表決定戦・秋田-秋田商

TEAM 1 2 3 4 5 6 7 8 9
秋田 0 0 0 0 0 0 0 3 0 3
秋田商 0 0 0 1 1 0 0 2 X 4