四方山話に時々音楽と高校野球

高校野球と浜省とライブが好きなオッサン

金足農業ベスト8へ 何かが憑いてる 追い風さえも 優勝まであと3勝

 

ホームランがこの試合で2本。16年ぶりに吹く8月の甲子園の北風。ホームからバックスクリーンへ逆転スリーランで8強進出。何もかもが金足農業へ追い風。

金足農業 ベスト8進出、横浜相手にホームラン2本。チーム全体が甲子園で勝てる野球にギアあげてる。150キロ本格派右腕に長打の強力打線。さらにバントとスクイズ。優勝まであと三つ。昭和の野球だと思ってたけど、最先端の野球だった。

金足農業の逆転スリーランって、1984年のPL戦の逆転ツーランへの悪夢を払拭した一発。実力プラス運もある。何か憑いてるようなチームじゃなければ、夏の甲子園で優勝はできない。金足農業にはそれを感じる。

金足農業のエース吉田投手は本物だった。おそらくオールタイムの秋田県の左右投手の中でNo.1。実力もそうだけど、何よりもゲームがつくれる投手。

金農の鹿実大垣日大、今日の横浜撃破。結果だけだけど今年の秋田大会 めちゃくちゃレベル高かったんだな。金農予選初戦から2-0 決勝戦も2-0。ただそれ以上に金足農業のチームも甲子園でものすごく成長している。

150キロ右腕とホームランの強力打線とバントとスクイズの手堅さ。何かに憑かれたような運もある。BS朝日の中継のスポンサーが全農というのも奇縁。金足農業が優勝する条件が、全て揃った夏の甲子園となった。

春の地区大会から夏の予選の金農の試合見たけど、投手主体のロースコアのチームと思ってた。甲子園で勝つには完封かなと。3試合見ると投手は勿論、チームの総合力高くて打線も勝負強い。優勝まで3試合あと27イニング。相手によってさらに成長するチーム。優勝の機会はそうはない。100年に一度は今年かもしれない。

 

 

AABさんホームページより

http://www.aab-tv.co.jp/koshien/#20180817

 

大会13日目第2試合(3回戦)8月17日(金)/阪神甲子園球場

学校名 1 2 3 4 5 6 7 8 9
横浜 2 0 0 0 0 1 1 0 0 4
金足農業 0 0 2 0 0 0 0 3 X 5
試合終了

【横浜】板川佳矢―角田康生 【金足農業】吉田輝星―菊地亮太 【本塁打】吉田輝星、高橋佑輔(金足農業) 【三塁打】山崎拳登(横浜) 佐々木大夢(金足農業) 【二塁打】遠藤圭吾2(横浜)

 

 

休み明けで職場に行ったら

花巻東応援帰りの方から

お返しでもらった甲子園グッズ。

ありがとー。

金農 応援してるって言ってた。

東北初の優勝旗まであと三つ。

東北6県が応援してるよ