四方山話に時々音楽と高校野球

高校野球と浜省とライブが好きなオッサン

勝った! 金足農業23年ぶりの勝利 おめでとう

 

勝った ! 金足農業。23年ぶりの勝利 おめでとう。それにしても、ダメ押しのスクイズが大きかった。

本日は金農と鹿実の試合。ちょうどクルマで移動中の為ラジオ。昼休みにワンセグで観戦。試合前は金農が勝つなら完封。ただ鹿実の粘りの攻撃は脅威。猛暑が最大の課題となれば、吉田→打川→吉田の継投も策かと思ってました。とにかく高校野球は後半と終盤。勝負は一瞬。

いざ試合が開始すると、金農 願ってもない展開。嶋崎さんが監督してたころの、甲子園でのヒット&スクイズの攻撃を彷彿している。

金農 エース吉田投手のピッチング は、ペース配分してるな。ピンチでは全力。あとは打たせて。後半をどう凌ぐか。できれば5点差ほしい。後半吉田の表情からちょっと疲れたのかな。

先ずは東北勢の先陣きっての1勝は嬉しい。秋田大会で敗退したチームの選手たちもきっと喜んでるだろうな。鹿実に勝ったことで、今年の秋田大会は、ハイレベルだったことが証明された試合。

金農でさえ23年ぶりの夏の勝利。近年勝った秋商と能商(松陽)以外の夏はこんなスパンになるのか。いかにあの夏の初戦13連敗が長かったか。ただあの連敗があっての今。

次は14日の前回敗れた大垣日大とのリベンジマッチに、みんな期待してると思う。金農の勝利が23年ぶりで、右投手の完投勝ちなら平成4年の能代高校の成田投手以来だから26年ぶり。

次の大垣日大戦が完封なら、秋田の右投手の夏の完封は誰以来だろうか 。こんな折なので、100回大会なんで歴史も振り返っています。

今夏の金足農業 は、秋田因縁の対決が続きます。予選は長年の因縁の能代とやって、決勝が昨年敗れた明桜で、今日が平成での対戦が多い鹿児島県の鹿児島実業で次が前回リベンジの大垣日大。そうなると準決勝は、平成のPL 大阪桐蔭との対戦となるはず。この先も期待しています。

 

 

大会4日目第2試合(1回戦)

8月8日(水)/阪神甲子園球場

学校名 1 2 3 4 5 6 7 8 9
鹿児島実業 0 0 0 0 0 0 0 1 0 1
金足農業 0 0 3 0 0 0 0 2 X 5
 

鹿児島実業】吉村陸矩→立本 颯→吉村陸矩―西村僚祐→益満雄仁 【金足農業】吉田輝星―菊地亮太 【三塁打】大友朝陽、菅原天空(金足農業) 【二塁打】吉村陸矩、西 竜我(鹿児島実業) 高橋佑輔(金足農業

 

 

本日 金足農業応援のスタンドのファンはビールと甲子園カレーは格別だろうな。来年は甲子園のスタンドで観戦したいものです。