四方山話に時々音楽と高校野球

高校野球と浜省とライブが好きなオッサン

2017夏秋田の高校野球 なぜ雨の中 準決勝の第1試合を決行したのか ?

 

 

さてと土曜日、日曜日で準決勝、決勝の2017夏の選手権秋田大会。

降雨のため第1試合の2回終了時点で中止。現在の天気を見れば当然で

むしろ早々の中止延期のアナウンスが必要でした。

 

主催者は、秋田大会の明日の中止と延期さっさと出せよ。

応援団もブラバンも、もちろん選手も準備あるしな。中止のアナウンスが無ければ

中途半端に準備してしまう。主催者の都合より選手ファースト。

 

明桜と大曲工が第一試合。秋高と金農が第二試合。悪天候の予想の中で

順番が逆でも秋田の高野連は、今日の準決勝を強行開催しただろうか?

選手がマウンドの滑りをアピールしたのでも、アタマの固い主催者と大会本部の

本音は気に入らないだろう。秋田の高校野球の主催者の本音は

甲子園に行かせたいのは、秋高か金足農だろうな。

この雨の今日の強行開催は、こんな邪推もしてしまう。

大昔から私学と秋田市以外のチームには不利に見えるのは、オレだけかな?

秋田の闇が垣間見える。

 

25日から中学の野球が控えている。高校野球決勝と中学開幕が重複する。

ある程度の雨であれば、主催者側は強行したいんだろうな。

前は中学の開幕が長沼球場になった。経験値があるのに、日程はそのまま。

夏大の開幕を前倒しにするか、中学との間隔あけるか、3回戦以降も開催球場増やすか。

ただ、一度敷いたレールである日程を変更することが、いかに大変かは想像できる。

 

24日の月曜は大丈夫そう。ただ25日は雨で不安定。決勝は26日 水曜かも?

この雨はどう影響するか? ただ一番疲労度が高いチームには恵みの雨。

では またです。