四方山話に時々音楽と高校野球

高校野球と浜省とライブが好きなオッサン

甲子園予選までの日程が秋田は遅すぎ~春の地区大会がようやく開幕


 

東北各県も、ようやく地区大会が開幕したあたり。

秋田もようやく各3地区で開幕しました。

 

ただ毎年思うのが、選手権までの日程。あまりに春の大会が遅すぎ。

 

県の地区大会、県大会を経て

春の東北大会が6月8日(木)~12日(月)の開催。

 

さらに最も大切な目標の夏の甲子園予選が

7月11日(火)~23日(日)の開催。

 

秋田の高野連さんのHPの日程

 

 

せっかくの強豪校との対戦が期待できる東北大会が

日程的には、予選まで一ヶ月なので、怪我や故障を心配して

調整試合となってしまう現実。

 

少し前まで暮らしていた四国では

四国大会は、5月で閉幕します。あとは各校が日々の練習や遠征や練習試合など

独自の方法で大事な選手権予選を迎えることができるわけです。

 

この日程スケジュールは、私が小学生の頃からだから半世紀前以前から組んだもの。

気候も温暖化が進んでいるし、ドーム球場や人工芝のグランドもあります。

もういい加減見直ししても良いのでは ?

5月~6月は、勝ち上がったチームは、公式戦のスケジュールを消化するのが

タイトとなり、日々の練習でチームの底上げできる時間が足りなさすぎます。

 

秋田大会はしばらくの期間、春の県大会優勝校の第一シードが

夏の選手権予選は、早々に敗退しています。

そりゃあ地区大会~県大会~東北大会となれば遠征となり

いつじっくり練習するんだろうか ?

 

いまだに甲子園での優勝旗に手が届かない東北勢。

温暖化や室内練習場の完備など、雪国のハンデなんて、もはやゼロ。

日程を前倒しにするだけで、効果あると思いますげど。 では またです。