四方山話に時々音楽と高校野球

高校野球と浜省とライブが好きなオッサン

現在、墨谷高校は準々決勝対戦中 38年ぶり連載再開のプレイボールの時代背景は1978年 

 

 

2017年の記事からの加筆です。現在墨谷高校は準々決勝対戦中 38年ぶり連載再開のプレイボールの時代背景は1978年。甲子園の初出場まで、あと3勝まで辿り着きました。是非甲子園を決めてほしいところで、新刊の発売を楽しみにしています。

時代背景もまだ家庭用のVTRが出始めたり、金属バットも定着して間もない頃。そのあたりも忠実に表現されているところも、よくできています。もう40年前のことですが、オッサンの世代にとっては身近なところです。谷口率いる墨谷高校も、キャプテン谷口にとっては最後の夏。戦力も充実しており、投手も谷口3年、イガラシ1年、井口1年と3人で臨むあたりは、78年の時代背景としては革新的です。さて物語は、この先どうなるか ? 年末年始の休暇の際には、じっくりと過去から現在まで全巻コミックで読みたい作品です。

 

ここからが2017年2月25日の記事です。


写真素材 pro.foto

 

  故・ちばあきおさんによる名作野球漫「キャプテン」「プレイボール」の続編が、グランドジャンプ9号(4月5日発売)でスタートします。手掛けるのは「おれはキャプテン」「グラゼニ」などで知られるコージィ城倉さん。

middle-edge.jp

 

4月からの物語の再開ってのは、楽しみ! プレイボール ウィキペディアより

気になるところだとプレイボールは1978年時点で連載終了しているので、時代背景は、1978年の谷口3年の春からの再開になるのかな ?それとも時代を超えて現代の2017年からになるのか。個人的には、1978年春からがいいと思います2017年にワープすると、スマホも出てくるし、ツイッターSNSも出てきて物語がつながらないことになります。

さてと、1978年に谷口が3年生の春だとすると、私より1学年上ってことか。私は丸井と同学年でイガラシは1学年下。そして目指すは1978年の夏の甲子園 !

第60回全国高等学校野球選手権大会 ウイキペティアより

現実では東東京代表は早稲田実業になるから、おそらく東東京の決勝戦は東都実業VS墨谷高校という組み合わせか?東都実業は青葉学院の佐野がいるから面白い。延長戦の末 墨谷が甲子園初出場となるか ?

1978年の甲子園の優勝校は逆転のPL学園が初優勝。香川県からは高松商業が出場で仙台育英との延長17回 高松商業対仙台育英延長17回

秋田県からは能代高校が出場し、春夏連覇前年の箕島と対戦、0--1の惜敗と、私にとっても興味深い大会でした。谷口率いる墨高には是非1978年の甲子園に初出場し、旋風を巻き起こしてほしいところです。さらに能代や高商、仙台育英PL学園、箕島 このあたりとの対戦も面白い ! では またです。