四方山話に時々音楽と高校野球

高校野球と浜省とライブが好きなオッサン

便利なGoogleマップのタイムラインが怖すぎる

 

日曜日の休日午後 スマホをいじっていたら毎日利用しているGoogleマップにタイムラインという機能がありました。

過去の行動履歴が出てきます。利用区間、場所、滞在時間、移動時間など。これ 業務の日報や報告書など、後日記載するには便利な機能なんだけど、外まわりを業務としている方は、閲覧されると一切の誤魔化しがきかないという、怖ろしいツールのアプリ。

不倫、浮気や、さぼりや夜遊び、他人には知られたくない行動、決定的な証拠となってしまいます。コンビニやスーパーの駐車場で、休憩と称してさぼっている外回りの人々。このツールの閲覧権が、会社の手に渡ってしまったらどうする ?

個人情報の場合は、拒否もできるんだけれども、勤務時間内であれば、そうもいかない。さらに拒否すると、かえって疑われてしまうから、始末がわるい。

そう考えると会社の携帯は、散々理由をつけてガラ携の方がいいよ。

Googleさんが持っている個人情報ってのはスゴイ!個人の行動履歴、検索履歴からの興味、嗜好性、問題となっているマイナンバー制度は、足元にも及ばない情報量。

まぁGoogleさんからは、数多くの情報とツールの利便性を、ほぼ無償で供給いただいています。その代償として個人情報の提供

Googleは米国の一民間企業、中国やロシアがいくら台頭しても、米国のこのアドバンテージは大きい。もっとも米国もGoogleの情報量は無視できない。

世界中の、特に個人の首根っこはGoogleが握っているってことか。