四方山話に時々音楽と高校野球

高校野球と浜省とライブが好きなオッサン

監督募集中の秋田の明桜(旧校名 秋田経法大附)が再び甲子園に戻る日は?

JUGEMテーマ:高校野球

 

ニンタマン @h36nintamam5

https://twitter.com/h36nintamam5/status/797385577872011264

秋田の明桜高校野球部の監督募集。短期間での3名の有能な監督の交代は、
おそらく野球界で悪評だろうな。
募集要項だと待遇も良くないから外部からの優秀な指導者の招聘は困難。
残る頼みは系列のノース大野球部出身者だろうな。
教員免許、大学までの硬式野球経験、待遇面など 誰がやれるのかな。
インプレッション
エンゲージメント総数 595
メディアのエンゲージメント
409
詳細のクリック数
95
プロフィールのクリック数
59
リンクのクリック数
13
いいね
12
リツイート
7

 

 

 昨日Twitterのタイムラインで知った同校の監督募集の記事。

私もTwitterでつぶやいてみました。最近の私のアカウントのTwitterの中では

珍しく反応が高かったので、ブログでも綴ってみました。

秋田の高校野球ファンにとっては、かつての秋田経法大附時代の印象が強いため

私学で唯一甲子園に出場し、ベスト4まで進出した同校野球部は気になります。

 

 校名が変わって久しく、最近は県外から中学硬式出身の選手の野球留学

さらに、監督も県外から実力者の招へいがあり、再び秋田県高校野球

トップに返り咲くかな ? なんて思っていた矢先の監督3人の短期での

交代劇、さらには今回の監督募集 内情は外野の私にはわかりません。

 

 知りえるのは、ネット上で検索できる下記情報だけです

ノースアジア大学のHPにも職員募集の項目がありました。

 

平成28年度 明桜高等学校 教員採用募集要項

http://www.nau.ac.jp/houjin/careers/2014/hs-baseball2.htm

 

次にハローワークのHPにあった給与 高等学校契約教員(硬式野球部の指導を含む) 事業所名非公開秋田県秋田市正社員以外   

社会人の場合は、新卒から定年再雇用まで気になるところ a基本給(月額平均)又は時間額191,000円~205,000円 b定額的に支払われる手当 a+b191,000円~205,000円 cその他の手当等付記事項 本学規定に基づき支給します  

 

 就職氷河期で地方においても この基本給だけでは厳しいだろうな。

高校野球の指導者は、土日は試合や練習に該当するから、Cの手当てが

まともに支給されるかどうかは大きい。給与の額面だけみると、県外から

実績のある監督を呼ぶのは難しいな ? 秋田県内に限定したとしても

高校の教員免許があって、大学まで硬式野球の経験者で、さらに求職中の

人材ってのは、どのくらいいらっしゃるのだろうか ?

twitterでもつぶやいたのですが、経験者が困難であれば

むしろ新卒や第二新卒の人材での登用を期待したいところです。

ただ、それとて秋田県内で、東北で、全国でどのくらいいらっしゃるのでしょうか ?

全国から選手を獲得できる私学、さらに室内練習場、専用グランドなど

ハード面の充実、高校野球が好きな県民性、揃っていると思いますけど。

 

 ただ、難点をあげれば、閉鎖的で排他的な地域であること。正直このあたりは

東北地区以外の地域の出身者の方にとってはキツイかと思います。

結果を出せないときの風当たりは厳しいでしょうね。多分 2年は待ってくれない。

そう考えると、監督、指導者については、若い人材のほうがいいね。指導者として

実績がない分選手が目指している甲子園を一緒に語れる

甲子園出場経験がある人材が、同校の監督、指導者としては適任なんだろうな。

 

 けれども、この条件に沿った人材はいるのでしょうか ?

〇教員免許取得○大学まで硬式野球経験者○さらに求職者

これにさらに私が勝手に考える諸条件の※20代か新卒か第二新卒※東北地区出身

※甲子園出場経験あり これは相当キツイな。 少なくとも非正規じゃ無理

長期を見据えた正職員での採用にしなければ、若くてよい人材は来ないよ。

 

 とにかく、明桜高校の監督が誰になるか注目しております。

秋田県で唯一の甲子園出場、実績のある私学。再び甲子園に戻ってこれるのか ?

県外から留学生や、送り出した家族の期待に応えられる指導者の擁立を

期待しております。 では またです。

 

関連記事 甲子園の勝利から経法大附は26年 秋田は25年 能代24年で金農は21年

 

 

 

明桜高校 直近の甲子園出場は2009年の夏の甲子園

延長戦の末 惜しくも初戦敗退。勝利は1990年の夏の甲子園 育英戦が最後。

新監督のもと、再び凱歌が流れる日はいつだろうか ?