四方山話に時々音楽と高校野球

高校野球と浜省とライブが好きなオッサン

来春の選抜は仙台育英と盛岡大附が選出濃厚~秋田の明桜はどうなったんだ ?

 

 

秋季東北大会 

準決勝 仙台育英(宮城) 3-1 聖光学院(福島) 盛岡大付(岩手) 5-4 酒田南(山形)

 

秋の東北大会は、仙台育英盛岡大附が決勝へ進出 !例年通りだと この決勝進出2校で春の選抜は確定だと考えます。

仮に神宮枠があったとしたら、1校は優勝校に敗退したところかな ?東北大会の上位校はオール私学というのも、必然の流れか。

ちょっと前までは、秋田経法大附もこの中の常連だったのに…。Twitterのタイムラインで知ったのですが、現・明桜の監督が交代するそうで。内情は存じあげませんが、夏の大会前に就任して、秋の大会後に退任。

しかも最近3人の監督が次々と退任していますあまりに早すぎる。ワンマン会社のトップだって、もう少し長い目で見るはず。

昔は、3年計画で甲子園を狙うなんてことをよく聞きましたが、いかに結果を早急に求めているとしても、甲子園出場はそう簡単にはいきません。

秋田県内では明桜と秋田修英の2校だけが野球部を持つ私学で、県内外からの選手の獲得が可能なチームです。特に明桜は、秋田経法大附時代から甲子園での実績もあり、摂津投手をはじめ数多くのブロ選手を輩出。名門の野球部ですよ。現在は、県外から選手も大勢抱えているだけに、こんな状況だったら送り出した家族も心配なことでしょう。

変わらなきゃならないのは監督じゃなくて、決めてる方なんだろう。ただ世間じゃこんなこと多いな、ちょっと前の読売Gもそうだったし、企業や組織も結果を急ぎ過ぎすぎるし、それが良いトップの決断だと思っています。早く以前の秋田経法大附に戻らないかな ? では またです。