四方山話に時々音楽と高校野球

高校野球と浜省とライブが好きなオッサン

2016夏 秋田の高校野球 伝統校の本荘が初戦敗退

本日の秋田大会の結果から

 

秋田大会(1回戦) 大曲農5-3本荘 秋田商8-1雄物川 秋田修英7-0男鹿海洋

増田5-3秋田西  角館12-0西仙北 仁賀保6-4矢島・雄勝

 

今日は 大きな波乱はなかったようです。ただ

本荘が初戦敗退かぁ 、ここ最近低迷してますね。

尾留川徹監督の頃は強かったよな。

秋田市勢が甲子園代表を占めていたころ、秋田市以外で対抗できたのは

本荘高校と能代高校くらいでした。

 

なんで監督が変わったのかというと 憶測で思い当るのがこの件

試合成立狙い「故意の三振」 高校野球秋田大会

第88回全国高校野球選手権秋田大会準決勝の本荘―秋田戦

http://www.asahi.com/koshien/88/news/TKY200607220537.html

 

ノーゲームを狙う相手の秋田高校にも、遅延のプレーがあったそうだし

別にルール違反しているわけでもなく、これが監督交代の遠因だったら

あまりに気の毒な話。当時、本荘が始末書で、遅延行為の秋高はお咎めなし。

 

今は県立秋田明徳館高校定時制課程教諭として

ご勤務されているそうですから、高校野球から離れてしまっています。

秋田県で数少ない優秀な指導者のひとりなのに・・・

 

秋田県高校野球界を牛耳っている愚かな闇、何かは大体想像つくよな。