四方山話に時々音楽と高校野球

高校野球と浜省とライブが好きなオッサン

あぁ・・・清原

 

1986年高卒ルーキーでいきなりホームラン31本、打率3割を打った。

プロ野球を長年見ているが、こんなバッターは清原しかいなかった。

松井でさえも4番らしい打者に成長するには時間を要したし

あの王選手も1年目は、散々だった。

 

高校時代からスーパースター、プロ一年目のシーズンから4番

さらに西武の黄金期には、チームを何度もリーグ優勝と日本一に導いた。

名実ともに日本を代表するスラッガーのひとり。どこで歯車が狂ったのか ?

 

最初の挫折はジャイアンツ移籍後、なかなか結果がともなわない時期。

そして自由契約オリックスへ移籍、ケガ その後引退。

 

全盛期は、毎日がお祭りみたいな日々だったんだろうな。

光が強い分、影も濃くなる・・・ その落差に耐えられなかったのか。

庶民の暮らしからは考えられない豪遊の毎日、そうしたイメージがあります。

あの高額の年俸はいったいどこに消えたのか。

清原ほどのネームバリューがあれば、引退後も普通の暮らしをするには

何不自由なく悠々自適なはずなのに、今はそんな暮らしも失ってしまった。

 

ターニングポイントは、ジャイアンツへの移籍。ここから少しずつ変わっていく。

結果論ではあるが、西武ライオンズでずっとプレイしていれば

今頃は西武かどこかのチームの監督にもなれた選手だったのに・・・残念です。

 

立ち直って野球界に復帰してほしいが、おそらくキビシイだろうな。

野球しか知らない48歳の男は、これからどこへ行くのだろう。