四方山話に時々音楽と高校野球

高校野球と浜省とライブが好きなオッサン

一部で話題になっている動物占い進化版で調べてみました

 

 

50代の中高年ではありますが、

最近 一部で話題になっている動物占いというものを調べてみました。

http://stone-roses.org/matome/619

 

1999年ごろ話題になりましたが、近年60分類になったとのこと。

私が該当したのは下記のキャラでした。

 

「リーダーとなるゾウ」の性格は?(動物占い60分類)

荒削りで豪快。

 

「しかし、素直でひたむき、愛嬌があり、相手に好かれるさわやかな人。

誰とでも分け隔てなく付き合えて、円満な人間関係を築く。

なまけることが嫌いな努力至上主義者。

仕事の手を抜かず妥協もしない。

他人のことも同じレベルで考え、責任感の無い人には厳しくするので

窮屈がられる事も。他人は他人と割り切る度量が必要。

弱音をはかない分、挫折したときのショックは大きいかも。

スペシャリストを目指す意思の強さがあり、専門分野で大きな功績を残す人だが、

「専門バカ」にならないようにバランスをとることが重要。

理解されるまで、時間がかかるが、最終的には多くの人に認められるようになる。」

 

ということですが、まあ こんな感じも一部ありますが

そんなに努力はしないし、基本 怠け者なのですが・・・・・。

 

血液型は4パターンだし、星座は12パターン

それと比較すると、細分類されているのは興味深いです。

 

2015年も残り1か月、2016年はすぐそこです。

いつの時でも最善と思って尽くすわけで、それ以外は時勢と運に委ねるしかない。

 

そういえば昨年の今頃は0学占いのことを綴っていました。年末恒例

2015年は、0地帯の2013年と精算の2014年と比べると、ちょっとは回復。

 

昨年綴った中で当たったことといえば

「実は、過去振り返ると 0地帯明けの年、遅くともその翌年って

100%環境が変わりました 

社会人では過去2回とも転勤になり、居住地が変わる !」

 

転職も転勤もしておりませんが、一部環境が変ったのは偶然か?

 

まあ運も不運も、人生万事塞翁が馬と思うしかないです。心がけたいことは

逃げずに背を向けず、現実に目の前のことを受け入れるしかないか。

では またです。