四方山話に時々音楽と高校野球

高校野球と浜省とライブが好きなオッサン

2015年のブラック企業大賞が発表になりました

 
ブラック企業大賞・セブン「収益構造に歪み」「メディアが取り上げない」実行委が指摘 https://www.bengo4.com/roudou/n_4005/
 
てっきり今年は、インパクトが強い「ありさんマークの引っ越社」かと思いました。 web投票では首位だったのですが、大賞はセブンとなりました。セブンって CMバンバン流れているし、店舗もきれいだし、品ぞろえもサービスも良い。 消費者にとっては有難い店舗です。 ブラックなのは裏側と内情のことか。
この企業って高収益企業のモデルのようなイメージあるので 表の顔はものすごい良いです。ビジネスモデルとしては、大成功したケースのため 経営陣は称賛を集めます。一方 裏に回ると それを支えたフランチャイズオーナー の苦悩とさらに低賃金の労働者の存在、そんな無名の人々声が 今回の大賞の要因なのでしょうかね。
なんか大資本と植民地のような構図。 収益のほとんどは、フランチャイズオーナーでも労働者でもなく 本体の大資本に吸い上げられるという、資本主義では当然でありますが。 ただ、様々な問題が噴出していることは、その仕組みに無理があるのだろう。
大企業の場合は、メディアにとって大スポンサーでもあることから、 ほとんど負のニュースは民放では取り上げられません。ただネットの力は 恐ろしいもので、負の情報は一気に拡散していきます。
引っ越しの会社などは沢山あるし、コンビニも沢山ある。ブラック企業大賞は、 消費者の選択肢のひとにつから外される場合もあります。 まあ企業にとっても収益を出すことは、低成長の少子高齢化で難しい。 かといって理想的な労働環境を優先すると、ますます収益は出ない。 労働者はブラックな会社ばかり、ホワイトなのは公務員だけか ?
バブルから失われた20年を経て 現在の2015年。 ほんの一部の富める人々を除いて、子どもから大人、老人まで 誰も幸福感を感じていない日本の社会。 もう そろそろ洗濯が必要な時期なんでしょうかね。では またです。