四方山話に時々音楽と高校野球

高校野球と浜省とライブが好きなオッサン

もうテレビはニュースとスポーツだけでいいよ

さて、本日は約2週間ぶりのお休みです。

昨日 フジでやってた世にも奇妙な物語のリメーク版、残念ながらオリジナルの作品は、どれもこれも越えられません。視聴者、スポンサーからの苦情やクレームが怖いのか、放送倫理規定に引っかかるのか、作品としては面白くありません。

むしろこの番組を通じて感じる、フジテレビの凋落っぷりがドキュメンタリーとして興味深いです。オリジナル作品が放送されたころの勢いのある頃とそして現在。この番組は同じ内容であっても、状況が全く違います。

自社の赤字を嘆く前に勤め人としてはあり得ない高給を、世間並みに戻さないといけないのでは ?倒産時のJALも、倒産するまでずっ~と高給でした。両者ともに、閉鎖的で競争も限られた守られた市場なのです。

現場で制作しているのは、下請けか孫請けの制作会社でしょ?本体は管理と監督ばかりが増大して、現場に責任と結果を押し付けるテレビ界ばかりではなく、全ての産業がこんな調子です。そりゃあ 日本中 作品、製品、サービスのどれもこれも良質で魅力的なものなんて、メジャーなものほど生まれない状況があります。

2015年現在、文化としてのテレビはもはや駄目。特に各方面の苦情を恐れすぎている民放がダメ。芸人も毒が吐けないし、ドラマはセリフの制約も多いし、バラエティには面白い低俗さも無い。もうテレビは、特に地上波は、ニュースとスポーツだけでいいよ。現実と実況の世界が一番ドラマチックであります。

個々のコアな興味は、ネットや有料チャンネルで探せばいい。