四方山話に時々音楽と高校野球

高校野球と浜省とライブが好きなオッサン

現場に全ての責任を負わせようとしている奴らがいる

 

 

 

 

旭化成「現場代理人」関与物件41件、愛知は23件

日刊スポーツ 10月23日(金)9時55分配信

 

横浜市都筑区のマンション傾斜問題で、旭化成は22日、

くい打ち工事のデータを改ざんした子会社「旭化成建材」(東京)が

過去約10年間にくい打ちを請け負った件数が

3040件あると国土交通省に報告し、

同省で記者会見した。都筑区のマンションのくい打ち工事で

報告書を改ざんした「現場代理人」が関わったのは41件で、

うち23件は愛知県内の工事だった。

旭化成建材幹部は会見で「(現場代理人は)ルーズな印象の人物」と話した。

 

なんだ このニュースは・・・ 

一人の労働者の私として思うのは、会社もメディアも現場代理人

責任の全てを向けている点がコワいです。

 

http://www.nikkei.com/article/DGXZZO76056900T20C14A8000077/

 

 

まあ責任は、施工先の2次下請けの作業だから当然責任はあるし

その工事の元請けゼネコンも、工事全般の管理責任はあります。

顧客への説明責任というのは、不動産会社に委ねられると考えます。

それにしても、この件に関わっている担当者は、ホント大変でしょ。

 

メディアは住民に対して同情的なコメントがほとんどですが

今すぐ危険が目の前に切迫しているわけでもなく、大手会社の物件だけに

手厚い保証は確実なはず。一労働者で勤め人の私は、むしろ

この件に関わっている方々の心労が、他人ごとではありません。

 

ここで気づくのが一次下請けの会社

メディアでは不思議に触れられていません。

大手企業のグループだからメディアに守られているかは知りませんが

ともかく全く出てこない。この工事は500万円以上の金額と思いますので

当然 なんらかの建設業許可証持っているはずです。

一次下請けから二次下請けに発注しているのですから

利益はそこに存在しております。利益が発生すれば責任もそこにはあります。

ここらあたりが多重構造の建築業界の理不尽さを感じます。

 

建築業界の仕組みは、なかなか理解できない部分が多いので

2chのスレッドなどで確認するのが一番わかりやすいです。

 

【傾いたマンション】旭化成建材の作業員、

絶対に延ばせない無茶な工期でブラック労働をさせられていた

http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1445436392/

 

問題なのは作業に従事している現場代理人や作業員ではなく

もっと別なところに根深いことがあると思います。

何にもしないで、利益だけ持っていている構造的な欠陥があるってこと。

その分現場は大変ですよね。そういえば原発の作業員でも同じような構図が

あったし、派遣社員でマージンだけ持っていく人材会社もそうだな。

これでは腕の良い職人、マイスターは育つわけがないか ? では またです。