四方山話に時々音楽と高校野球

高校野球と浜省とライブが好きなオッサン

2015夏 秋田大会4強 秋田南VS能代松陽 秋田商業VS秋田工業が明日激突


こまちスタジアム/21日 第1試合 準決勝 

秋田南   -   能代松陽    

第2試合 準決勝   

秋田商業   -   秋田工業

本日20日、秋田大会は8強の対戦、結果は下記の通りでして 結果、秋田南と能代松陽 秋田商業と秋田工業が勝ち上がり明日の準決勝で 対戦することになりました。 2015年7月20日(月)/こまちスタジアム

学校名 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
明桜 0 0 0 0 0 1 0 2 0 3
秋田工業 1 2 0 0 1 0 0 0 X 4

【明桜】川崎圭→児玉威吹→堀一帆―岩城圭悟 【秋田工業】五十嵐拓海―金寛人  

学校名 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
西目 1 0 0 0 0 0 0 0 0 1
秋田商業 0 0 0 2 0 0 1 0 X 3

【西目】佐藤泰成―佐林瑠弥 【秋田商業】成田翔―工藤慶  

2015年7月20日(月)/八橋球場

学校名 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
秋田修英 0 0 0 0 0 0 0 0 2 2
秋田南 0 1 1 1 1 0 1 0 X 5

【秋田修英】戸澤信太郎―伊藤翔 【秋田南】中島和俊―伊藤暁平  

学校名 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
能代松陽 0 3 0 0 0 0 0 7   10
大曲農業 0 1 1 0 0 0 1 0   3

能代松陽】齋藤大毅→中川昂→野呂田遼太郎―原田晃平 【大曲農業】千葉優雅→福田優人―安藤啓斗

さて私が応援しているのは、能代市のチームでして能代松陽が唯一準決勝残りました。 秋田市以外のチームは松陽だけでして、3校は県庁所在地の秋田市のチームです。 最近は角館の初出場や本荘・能代商業の甲子園への出場もありますが、 昔からの4強への勝ち残りの席は、ほぼ秋田市勢が占めている年が多かったです。
AABさんの試合の中継がネットで配信されておりますので、PCで秋田商業・秋田南 秋田工業の試合は確認いたしました。一番気になるところの能代松陽だけ未確認です。 能代松陽側から見ると、秋田南、秋田商業のエース投手から連打するのは難しいです。
今大会の能代松陽の試合は全てが投手の継投、サヨナラ勝ちが2度 今日の試合もコールド勝ちとはいえ、7回まで3-3の同点の接戦。 本来投打に力があるチームであれば、 主戦が先発から完投し打線は先制、中押し、ダメ押しという逃げ切りのゲームプラン。 能代松陽の場合は、打線での大量得点も難しいので、ロースコアーの展開で 7回、8回、9回の後半の勝負処まで投手が耐えてつなぐ。 相手投手に慣れてさらに疲れたころに、一気に畳みかける。 序盤のノーシード校に対してもこのような勝ちパターンだっただけに、 準決勝の秋田南戦、さらに決勝戦でも同様の展開に持ち込めれば勝機も見えてきます。
強力打線でもなく、140キロの本格派投手が完投するわけでもなく いわば弱者の戦略に徹するしかありません。3戦のスコアを振り返って思いました。 準決勝・決勝は同点または、2点差以内で先発投手・中継ぎ投手から主戦投手へ。 格上の相手投手・打線でも耐えていけば、おそらくチャンスは訪れます。 試合の後半、能代松陽の主戦が元気な状態で登板できる状況で、疲労してきた 相手の本格派投手をしぶとく打ち込む・・・こんなイメージです。
2011年の夏の甲子園は、投手の継投はないものの、 ロースコアーで強豪校の好投手を攻略しています。準決勝・決勝の立ち位置も同じ挑戦者。 後半勝負だと明日もさらに23日の木曜日の決勝も体に良くない試合が続きます。 それでも2011年以来の能代松陽の甲子園出場を期待しております。 では またです。