四方山話に時々音楽と高校野球

高校野球と浜省とライブが好きなオッサン

アナログ盤のレコードコンサート

2015.04.13 「浜田省吾レコード “いい音” Live」 レコードコンサート開催

浜田省吾さんのオフシャルホームページを見ていたら上の企画が アナログ盤のレコードコンサートの企画。 レーザーターンテーブルというのがあるそうで、アナログレコード盤から 再生するとのこと。 http://www.laserturntable.co.jp/news/index.html#eoto.hamada  
面白い企画だなと思っております。
 
50歳代の音楽の入口は アナログ盤。 LPレコード・シングルレコードのドーナツ盤であります。 CDがアナログに逆転したのは、多分1985年ごろかと思います。 CD盤で扱いは手軽になりましたが、 私個人としては、レコード購入から離れていったのも ほぼこの頃です。 当時の、もはや不正確な知識ではありますが、 デジタル盤の再生できる周波数帯域よりも、従来からあるアナログ盤の 再生できる周波数帯域の方が幅広いなんて伺ったことがありました。 もちろん人間が試聴できる帯域は限りがあるため、アナログ盤は無駄に広かった かもしれません。ホントは知らないのですが・・・・・。
 
ただ、大音量で聴ける環境があるならば、音の体感は帯域が広ければ アナログ盤が優れているのかな? なんて素人の発想であります。 テレビ東京アド街ック天国で、昨日 渋谷の特集がありました。 名曲喫茶が紹介されてましたが、クラシックからジャズ・ロックまで大音量で聴ける店 音楽ジャンル毎に、昔なら そこそこの街ならどこにでもありました。 2015年現在は、ヘッドホーンでスマホかPCから音楽は手軽になりましたが、 たまには大音量で聴ける環境もほしいものです。