四方山話に時々音楽と高校野球

高校野球と浜省とライブが好きなオッサン

3月10日の東京大空襲

 

 

3月の10日と11日 この2日間は、永遠に

日本人としては忘れてはならない日なのでしょう。

70年前の東京大空襲

私らの親の世代の多くの人々の命が失われました。

さらにこの日を境に、日本の主要都市が無差別爆撃にさらされてしまいます。

日本は、焼夷弾と機銃掃射と艦砲射撃、さらに最後は広島・長崎への原爆投下。

戦争は軍人だけではなく、常に民間人を巻き込んでしまいます。

戦争は、戦勝国も敗戦国も、身近な人の命が失われる悲劇はどちらも同じです。

日本は戦後70年間、幸いなことに戦争には巻き込まれておりません。

ただ、世界ではいつの時代もそして今も争いが絶えません。

さらに日本は集団的自衛権大義に、舵を大きくきりました。

国際社会の一員であること、日米同盟を強固にする為には、

いたしかたないことなのでしょう。

 

集団的自衛権の法制化が即 戦争につながるとは思いませんが、

いつの時代の戦争でも、犠牲になるのは指導者ではなく罪のない市民。

けっして穏やかではない、近隣諸国との関係と危うさは今もあります。

戦後70年が、永遠に戦後であることを望んでいます。